甲子園帰還後も連敗!金本阪神の“日大化”がコワすぎる!

阪神タイガース『日大化』で不振か 日大アメフト部『内田体制』を彷彿させるとの声も

記事まとめ

  • 阪神タイガースは甲子園で東京ヤクルトスワローズに連敗し、4カード連続負け越した
  • 金本知憲氏の"苦言"に若手は恐怖を覚え、独特のオーラは選手に悪影響を与えているとも
  • この状況は内田体制に怯えていた日大アメフト部を彷彿させる、との声も浮上している

甲子園帰還後も連敗!金本阪神の“日大化”がコワすぎる!

甲子園帰還後も連敗!金本阪神の“日大化”がコワすぎる!

甲子園帰還後も連敗!金本阪神の“日大化”がコワすぎる!

 約1カ月ぶりに帰還した本拠地・甲子園球場で東京ヤクルトスワローズに連敗し、4カード連続負け越しとなった。

 Aクラス争いに食い込んでいるものの、イマイチ波に乗りきれない理由は「日大化」ではないかと言われている。

金本知憲監督は久々の甲子園での試合とあって、『勝ちたかった』と連呼していました。その後、陽川、大山などの若手の名前を上げ、『期待していたんだが』と苦言を呈しました」(在阪記者)

 この“苦言”が若手を震え上がらせている。

「若手は結果を出そうと必死になるあまり、周りがまったく見えていないというか…。練習中にボールが転がっていてもカゴに戻さないし、ファンの方が声をかけても、会釈したり、手をあげることもない。下を向いたまま歩いています」(前出・在版記者)

 ハッキリ言って、金本監督はコワイ。直接、ベンチ内で若手に“喝”を入れることはないが、劣勢になると眉間にシワを寄せ、独特のオーラを醸し出している。これが選手を金縛り状態にし、マイナス思考に陥れているのだ。

「バッター有利なカウントで好球がきても、打ち損じています。マイナス思考でからだが動かないんです」(球界関係者)

 精神的に余裕のない状況は、内田体制に怯えていた日大アメフト部を彷彿させる。こちらは新監督招聘で決着が着いたようだが、阪神ナインはこれからペナントレースの大一番を迎える。甲子園帰還後の負け越しは痛かった。クライマックスシリーズ進出を逃した場合、阪神も日大並みの組織改革は免れないだろう。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)