松井秀喜「巨人復帰拒否」を翻意させたウルトラ人事(1)“盟友”が引き抜かれて…

松井秀喜氏、“盟友”が引き抜かれヤンキースのコーチ、監督就任の夢に黄色信号

記事まとめ

  • 長嶋茂雄終身名誉監督の薫陶を受ける松井秀喜氏の巨人復帰に、球団内外から待望論
  • 松井氏は意に介さずといった状況だったが、ここにきてその心境に変化があったという
  • ヤンキースのコーチ、ひいては監督就任という松井氏の夢に黄色信号が点滅しているそう

松井秀喜「巨人復帰拒否」を翻意させたウルトラ人事(1)“盟友”が引き抜かれて…

松井秀喜「巨人復帰拒否」を翻意させたウルトラ人事(1)“盟友”が引き抜かれて…

松井秀喜「巨人復帰拒否」を翻意させたウルトラ人事(1)“盟友”が引き抜かれて…

 今年もコイの優雅な独泳は止まらず。一方、契約最終年の由伸ジャイアンツは大型補強のかいもなく、CS進出にわずかな望みをつなぐ崖っぷち状態だ。すでにグラウンド外ではポスト人事の動きが活発化する中、ついに誰もが巨人復帰を待ち望む、あの男の最新動向を独占キャッチした!

 まるで、ストーブリーグの風物詩のように取りざたされる、松井秀喜氏(44)の巨人復帰説。生え抜きの4番打者としてだけでなく、ミスターこと長嶋茂雄終身名誉監督(82)の薫陶を受けてきただけに、球団内外から強い待望論が出ていた。ところが、当の松井氏自身はこれまでのところ、まったく意に介さずといった状況だったが、ここにきてその心境に変化があったというのだ。巨人番記者が、低迷する球団の救世主の動向について打ち明ける。

「松井氏といえば、引退後の巨人との関係はつかず離れずといったところで、球団からの監督就任のラブコールにはゼロ回答が続いていた。かつては球団幹部がニューヨークを訪問したり、オーナーが手紙を書いたり、関係を絶やさないようにしてきたが、球団への復帰に関してはナシのつぶてでした。しかし、今春に日本に帰国し巨人の臨時コーチを引き受けた際には、球団関係者がこれまでの実績を考慮して監督オファーでなく『育成担当でやってくれないか』と切り出したところ、初めて話に耳を傾けたといいます。さらに今年8月には東京ドームで解説の仕事を引き受けるなど、一時の疎遠ぶりを考えると、かつての巨人アレルギーが払拭されてきた印象を受けています」

 実際、12年の引退から6年目を迎え、松井氏を取り巻く環境が“地殻変動”を起こしている。

 メジャー担当キャップが説明する。

「もともと松井は巨人からメジャー挑戦を明言した時点から、日本の球界には絶対に戻らない決意を固めていた。そのため現役引退後も、生活拠点は米国に置いたまま。現在はヤンキースGM特別アドバイザーという役職を務めており、キャッシュマンGMとも対話できる立場です」

 ところが昨シーズン、「盟友」が引き抜きにあったことで状況が一変。ヤンキースのコーチ、ひいては監督就任という夢に黄色信号が点滅しているというのだ。

「15年に松井がこの役職についた際、最も頼りにしていたのが、育成部門の副社長だったゲーリー・デンボ氏(57)でした。松井は初めての指導者として、ヤンキース傘下にあるマイナー選手の指導のために地方を巡回した。その際、英語の細かいニュアンスを伝えるのに苦労した松井になり代わり、選手へのアドバイスを買って出たのがデンボ氏でした。ところが、昨シーズン後、デンボ氏はマーリンズに引き抜かれ、育成部門のトップに就任してしまった。そのため、今シーズンから松井は孤軍奮闘でマイナー選手の育成を担当している。ただ、松井自身もヤンキースにいつまで残れるか予断を許さないようで、キャッシュマンGMの評価しだいでは、いつまでも安泰とは言えないのです」(メジャー担当キャップ)

関連記事(外部サイト)