エッ、大谷翔平が東京五輪・侍ジャパンの「宿敵」になるって!?

侍ジャパンの「宿敵」はエンゼルス大谷翔平か 東京五輪の開催年に二刀流復活も

記事まとめ

  • エンゼルス大谷翔平の二刀流が見られるのは、東京五輪の開催年2020年とされている
  • 日米の野球ファンが釘付けとなる可能性があり、侍ジャパンと大谷が「視聴率戦争」も
  • 東京五輪の野球・ソフトボール競技の最大の敵は『大谷翔平』との声が上がっている

エッ、大谷翔平が東京五輪・侍ジャパンの「宿敵」になるって!?

エッ、大谷翔平が東京五輪・侍ジャパンの「宿敵」になるって!?

エッ、大谷翔平が東京五輪・侍ジャパンの「宿敵」になるって!?

 東京五輪の野球・ソフトボール競技の最大の敵は、大谷翔平か…。

 エンゼルスの大谷が二刀流復活までのビジョンを語ったのは、去る12月18日。東京写真記者協会主催・2018年報道写真展のオープニングセレモニーに出席した時だった。

「開幕して、少し経ってから軽く投げ始めるんじゃないかなと思う」

 ブラッド・オースマス監督も19年シーズン中の投手復帰には否定的だった。二刀流が見られるのは東京五輪の開催される2020年となるが、今年は二刀流復活をさらに期待させるシーズンともなりそうだ。

「大谷が『40−40クラブ』入りするかもしれません。この、本塁打40、盗塁40を達成したメジャーリーガーは過去4人。本塁打率が高く、チームきっての俊足である大谷が打者に専念する19年は、その可能性も高い」(特派記者)

 史上5人目快挙達成となれば、次年度の二刀流復活には日米の野球ファンが釘付けとなるだろう。

 ところが、である。20年の東京五輪だが、野球競技は日本時間の午後12時と19時の試合開始が予定されている。エンゼルスの本拠地・ロサンゼルスとの時差は、17時間。12時の試合開始はロスの19時、「投手・大谷」が快投している時間帯だ。日本戦が12時の第一試合に割り当てられた場合、侍ジャパンと大谷と「視聴率戦争」を繰り広げることになる。

 政治的なウラ密約で、日本戦はすべてロスでは深夜2時になってしまう19時にまわすか…。そんなことをしたら、参加国が憤るのは必至。40−40クラブした大谷が侍ジャパンを粉砕してしまいそうだ。

関連記事(外部サイト)