「春のセンバツ」出場校大予想(東日本編)関東・東京地区「残り1枠」が接戦

「春のセンバツ」出場校大予想(東日本編)関東・東京地区「残り1枠」が接戦

「春のセンバツ」出場校大予想(東日本編)関東・東京地区「残り1枠」が接戦

 今年で第91回を迎える春の選抜高校野球。平成最後の甲子園となる今回は3月23日から休養日を含め全12日間の日程で球児たちの熱い戦いが展開されるが、その出場32校を決める選考会が1月25日に開催される。基本的に春の選抜は、前年秋の各地区大会の成績をもとに選考委員が出場校を決める形。それに合わせ、2回にわたって今春の選抜出場校を予想してみたい。

 まず北海道地区は一般枠が1枠。地区大会優勝校の札幌大谷が念願だった春夏を通じての甲子園初出場を確定させた形となった。だが、問題はここから。例年ならこれで決まりだが、この札幌大谷が昨年秋の明治神宮大会で優勝したため、特別枠の「明治神宮枠」をゲット。もう1校に出場のチャンスがもたらされた。本来、地区大会決勝で札幌大谷に6‐9で敗れた準優勝校・札幌第一が選ばれる流れだが、ここで浮上するのが準決勝で札幌大谷に6‐7で惜敗した駒大苫小牧。というのも、決勝戦で当初4‐0とリードしながら最終的に6‐9の大逆転負けを喫した札幌第一の負け方の印象が悪すぎるからだ。対する駒大苫小牧も4点のリードを追いつかれる展開だったが、最終的には延長戦の末の敗戦。さらに札幌第一は秋の大会での失点も多い。よって明治神宮枠は駒大苫小牧の逆転選出と予想する。

 続いて東北地区。例年、一般枠は2枠でここは順当に優勝校の八戸学院光星(青森)と準優勝校の盛岡大附(岩手)で当確だろう。

 関東地区と東京地区は例年、合わせて6枠ある。関東5・東京1になるか、関東4・東京2になるかはその年の各校のレベルによって判断されることが多い。昨年秋の関東地区は準決勝が2試合とも接戦だったこともあり、ベスト4の桐蔭学園(優勝・神奈川)、春日部共栄(準優勝・埼玉)、習志野(千葉)、山梨学院は確定(先日、監督による体罰問題が発覚した春日部共栄だが、どうやら当該監督の辞任だけで済みそう)。さらに東京大会優勝の国士舘も確実に選ばれるだろう。

 問題は関東・東京の残り1枠。まず、関東大会の準々決勝敗退組を見ると、前橋育英(群馬)と横浜(神奈川)はともに7回コールド負けを喫したことで選外の可能性が大。これで東海大甲府(山梨)と佐野日大(栃木)の2校に絞られるが、東海大甲府は組み合わせ抽選の結果、準々決勝戦からの登場となったため、1勝もしていない。対する佐野日大は1回戦からの登場で1勝を挙げているため、地域性を加味しても(ベスト4に同じ栃木県勢は残っていない)佐野日大のほうが有利とみる。

 こうなると、佐野日大と東京大会準優勝の東海大菅生との比較となるが、国士舘との決勝戦は追い上げ虚しく3‐4という僅差であと1点が届かなかった惜敗だった。さらに同校は決勝戦までに二松学舎大付や早実などの強豪校を破っており、この点も有利と考えられる。よって、関東・東京の残り1枠は東海大菅生が選ばれると予想する。もし佐野日大が選出されるとしたら、北関東のチームが0という地域性にかすかな希望を見いだすしかないだろう。

 北信越地区の一般枠は2枠。地区大会優勝校にして秋の明治神宮大会準V校でもある星稜(石川)と、その星稜に決勝戦で2‐2の延長15回引き分け再試合という激闘を演じた啓新(福井)で順当。啓新は引き分け再試合こそ地力の差をみせつけられて4‐7で敗れたが、それでも6回までは3‐3という接戦を演じた。創部7年目というかなりフレッシュなチームで選出されれば春夏を通じて初の甲子園出場となる。

 東日本最後は東海地区。一般枠は2枠で、1校目は東海大会優勝の東邦(愛知)で文句なし。残る1枠を巡っては選考委員の間で大激論が交わされそうだ。通常ならば準V校の津田学園(三重)で間違いないのだが、同校は決勝戦で東邦の前に2‐10と大敗。一方、準決勝で東邦に敗れた中京学院大中京(岐阜)は9回裏に5点差を追いつかれた末の延長10回、無念の逆転サヨナラ負け。決勝戦にはコールド制がないが、実質上はコールド負けといってもいい津田学園よりは、優勝した東邦に延長戦にまでもつれこむ接戦を演じた中京学院大中京が試合内容を評価されて逆転選出されるとみている。次回は西日本勢を予想していく。

(高校野球評論家・上杉純也)

関連記事(外部サイト)