“トラ再生”に鬼監督は必要でも「鬼コーチはいらない」の声

“トラ再生”に鬼監督は必要でも「鬼コーチはいらない」の声

“トラ再生”に鬼監督は必要でも「鬼コーチはいらない」の声

 新生・矢野燿大阪神の本当の敵は、ベンチの中にいるのかもしれない。

「清水雅治ヘッドコーチですよ。矢野監督が呼び寄せたんですが、昨秋のキャンプ時点ですでに『鬼コーチ』の印象を阪神選手に植えつけました。よく言えば、基本に忠実で妥協は許さない人。口やかましいと思う選手もいないわけではない」(ベテラン記者)

 強いチームには、選手の憎まれ役になるコーチがいるものだ。指揮官の気持ちを代弁するだけではなく、厳しいことを言い続けて、チーム全体の緊張感を持続させている。そういうタイプのコーチは近年の阪神にはいなかっただけに、周囲の期待も大きいが、こんな懸念もある。

「昨季は最下位とはいえ、伝統球団ですから、阪神選手はプライドも高い。一方的に拒否される危険性もあります」(前出・ベテラン記者)

 矢野態勢に期待するファンは多い。野村克也氏も自身の阪神指揮官時代を振り返り、「鬼になれ!」のエールも送っていた。しかし、同じ鬼でも“鬼コーチ”は虎ベンチを混乱させるだけかもしれない。

 矢野監督は選手との直接対話を重視して、昨季の二軍をファーム日本一に導いた。一軍指揮官となって同じ手法は使わないそうだが、鬼コーチの厳しさが度を超える前に「待った」をかけるくらいの配慮は必要だろう。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)