直接原因は「ファンの腕引っ張り」ではない?松坂大輔「引退危機」の真相とは

直接原因は「ファンの腕引っ張り」ではない?松坂大輔「引退危機」の真相とは

直接原因は「ファンの腕引っ張り」ではない?松坂大輔「引退危機」の真相とは

 沖縄・北谷キャンプでファンに右腕を引っ張られて違和感を覚えたことを数日後の2月11日に球団が発表した中日・松坂大輔。沖縄の病院で検査を受け「右肩の炎症」と診断され、セカンドオピニオンとなる関東のかかりつけの病院でも同様の診断を受け、「脱臼には至っていないが、関節がずれたような状態」であることが明らかにされた。治療に専念するため沖縄キャンプに再合流せず、名古屋でリハビリを続けている。

「開幕は絶望でしょう。それどころか今季絶望の危険性さえあります」(スポーツ紙デスク)

 本来、松坂のキャンプ調整は投げ込み型だ。レッドソックス時代には球数制限されて極秘で投げ込みを行っていたほど。15年に右肩を手術して以降のソフトバンク時代、宮崎キャンプで200球近く投げ込んだこともある。その松坂が今キャンプではまったくブルペンに入らなかったのだ。

 1度だけブルペンに入ったが、マウンドを使ってのシャドーピッチング。第3クールからブルペンに入るという見通しが語られていたが、実は、投げたくても投げられない事情があったという。

 松坂は米国永住権取得手続きのためにキャンプ開始直後の2月4日に急きょ渡米したが、事前にはチームのごく一部の上層部にしか伝えられていなかったため、「松坂が空港にいた」との情報がツイッターで流れた時、トレーナー陣が「ケガの治療か」と、パニック状態になったというのだ。

「“自分らの知らないところで治療に行ったんだ”と勘違いして、一時、大騒ぎになったそうです。それほど右肩の爆弾は不安視されていたのでしょう。故障持ちのプロ野球選手の体は繊細。松坂の右肩は、ちょっとした衝撃で負傷してしまうくらいガタガタだったようです」(前出・球団関係者)

 小康状態にあった松坂の肩は、最終的にファンの暴挙が引き金となって爆発してしまったようだ。さらには「引退危機」にまで発展していた騒動の概要は3月5日発売の週刊アサヒ芸能3月14日号で詳細にレポートしている。

関連記事(外部サイト)