イチロー「日本開幕戦出場」でも「引退」包囲網(1)“生きた球”が全然打てない

イチロー「日本開幕戦出場」でも「引退」包囲網(1)“生きた球”が全然打てない

イチロー「日本開幕戦出場」でも「引退」包囲網(1)“生きた球”が全然打てない

 野球ファン注目の的、「メジャー日本開幕戦」。熱狂するファンの本音は、「イチローの最後の姿を見届けたい」というものではないだろうか。御年45歳、27年間にわたる現役生活において、世界で最も多く安打を放ってきた男に「瀬戸際」の足音が近づきつつある‥‥。

 3月20〜21日は、12年以来、実に7年ぶりとなる、MLBの日本開幕戦(東京ドーム)が行われた。対戦カードは、イチロー(45)と今季メジャーデビューする菊池雄星(27)のマリナーズと、古豪・アスレチックス。大谷翔平がいるエンゼルスも所属するア・リーグ西地区の昨季2位と3位の激突で、シーズンの行方を占う一戦だった。

 ところが肝心のイチローといえば、周知のとおり、オープン戦でまったく結果を残せなかった。開幕シリーズのロースター(選手枠)28人には入ったものの、18打席連続無安打を含む25打数2安打で、打率は1割にも満たない8分。直近のイチローを取材した在米スポーツ紙特派員が語る。

「打撃投手を相手にしての練習ではサク越えを連発し、どの同僚よりも打っている。だからバットコントロールの技術はさびていないんです。でも、オープン戦などの実戦で生きた球を相手にすると全然打てない。速球には差し込まれ、変化球にはまったくついていけてない。私が見た打席では、変化球を振らされてバットとボールの距離が一目瞭然でした。あんなイチローは初めて見ましたよ」

 昨年5月3日、イチローは残りシーズンをチームに帯同するものの試合には出場できない「球団会長付き特別補佐」としてフロント入りすることを発表。そして今年1月24日に再びマリナーズと、選手としてマイナー契約を結んだ。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「昨季は試合前の打撃練習には参加はしていましたが、やはり試合勘は別物。実戦に出続けないと養えない。もちろん不調の原因には、肉体的な衰えもあるでしょう。スイングスピードが遅ければ当然、155キロのスピードボールには対応できません。反応速度や動体視力も落ちてきている。残念ながら、現時点ではメジャーのレベルに達していないと言わざるをえません」

 フロント入り会見でイチローは、自身の現状を次のように語っていた。

「自分が今44歳で、アスリートとしてこの先、どうなっていくのかというのを見てみたい。プレーしていなかったとしても、毎日鍛錬を重ねることでどうなれるのか、ということを。その興味が大きい」

 選手であることを諦めずトレーニングを継続してきた結果が「打率8分で凱旋帰国」の体たらくだとすれば、今度こそ「引退」の二文字がチラつく。しかし本人は、現役続行にきわめて前向きのようだ。

「イチローは常日頃から、『最低50歳までプレーしたい』と口にしている。実際、オープン戦でも盗塁を決めたり、外野守備でファインプレーもしているだけに、本人的には肉体的な限界を感じていない。打撃も時間をかければアジャストできると考えているようで、引退する気はサラサラないはずです」(スポーツ紙特派員)

 野球の求道者として、我が道を行くイチロー。しかしその思惑とは裏腹に、各方面から「引退包囲網」が張り巡らされようとしているのだ。

※本記事は週刊アサヒ芸能3月28日号(3月19日発売)に掲載

関連記事(外部サイト)