間垣親方(白鵬 翔)「土俵上の勝負を見ると『こんな化け物たちとよく戦ってたな』と」

間垣親方(白鵬 翔)「土俵上の勝負を見ると『こんな化け物たちとよく戦ってたな』と」

間垣親方(白鵬 翔)「土俵上の勝負を見ると『こんな化け物たちとよく戦ってたな』と」

●ゲスト:間垣親方(白鵬 翔)(まがき・おやかた(はくほう・しょう)) 1985年、モンゴル生まれ。15歳で来日、宮城野部屋に入門。01年、三月場所初土俵。04年五月場所、昭和以降では4番目の若さとなる19歳1カ月で新入幕。06年、大関昇進。07年、第69代横綱に昇進。10年、一月場所14日目から十一月場所初日にかけて歴代2位の63連勝。21年9月、現役を引退し、年寄・間垣を襲名。間垣親方本人の監修で、21年4月より、本誌で同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」を連載中。

 幕内優勝45回、横綱在位84場所など、現役時代の5つの記録がギネス認定された大横綱・白鵬。現在は間垣親方として多忙な毎日を送る。全勝優勝を果たした七月場所の裏話から奥様との恋愛秘話まで、元横綱を天才テリーが徳俵いっぱいまで追い込んだ!

テリー この対談でお会いしたのは、もう15年前なんですよ。

白鵬 覚えてます。大関になったばかりの頃ですね。

テリー その時に比べると、やっぱり今日は穏やかな顔ですよね。

白鵬 まだスーツを着慣れなくて、肩コリがキツいですけど。あと、ズボンのチャックを閉め忘れますね。着物にはチャックがありませんから。

テリー あ、そうか。じゃあ、開けっ放しで歩いたりしちゃうんですか。

白鵬 いや、まだそれはないんですけど(笑)。

テリー 親方になって、毎日スーツだと、気持ちも全然違いますか。

白鵬 そうですね。親方として初めて九州場所を経験して、いちばん下の子の取組から、全部見ていくんですね、朝6時から。その中で見えなかったものも見えてきますし。やっぱり行司、床山、呼出さん‥‥裏方さんたちがすばらしい活躍をしているんです。もちろん力士は花形で格好いいなとも思いましたし。いろんな角度から感じた部分がありますね。

テリー 西花道の警備をされたんですよね。

白鵬 西花道の警備をしながら、監督責任として支度部屋を見たり、今回はコロナ対策として、お客さんのマスクのチェックもありました。

テリー 横綱がいたら、若い力士の皆さんは、緊張しますよね。

白鵬 まだ髷もありますし、ちょっと前まで土俵で戦ってましたからね。

テリー ねぇ。引退したといっても雲の上の人が突然下界に来て、横にいるようなものですから。

白鵬 今回はやっぱり西の花道の若い衆、関取衆には、みんな勝ってほしいという思いで見てましたね。で、土俵上の勝負を見ると、「こんな化け物たちとよく戦ってたな」と思ったり。

テリー それは向こうのセリフですよ(笑)。横綱が一番の怪物じゃないですか。

白鵬 そう思われてたんでしょうね(笑)。で、中日の8日目には、初めてNHKの解説もやりまして。

テリー 僕、見てましたよ。大評判でしたよね。

白鵬 緊張しました。今回、私の話をたっぷり聞きたいということで、向正面がいなかったんですよ。話のキャッチボールができないので、さらに緊張して、手に汗をかきました。

テリー でも、こんなに穏やかで聡明なしゃべり方をするんだって、みんなビックリしてましたよ。

白鵬 それが本当の姿なんですけどね(笑)。土俵上は別人です。

テリー 土俵は戦いの場ですからね。

白鵬 地方巡業に行くと、前日に勧進元さんと食事会があるんですけど、皆さん「昨日は眠れなかった」とか「口もきいてもらえないんじゃないかと思った」って言うんですね。もう、とんでもない怖い人だと思われてるんですよ。

テリー まぁ、報道のイメージもあるんでしょうね。

白鵬 そうなんでしょうね。で、実際に会うと「全然違いますね」と言われるんです。

関連記事(外部サイト)