巨人を再震撼させた原元監督への「1億円恐喝男」を独占直撃(3)関係各所に問い合わせてみると…

巨人を再震撼させた原元監督への「1億円恐喝男」を独占直撃(3)関係各所に問い合わせてみると…

巨人を再震撼させた原元監督への「1億円恐喝男」を独占直撃(3)関係各所に問い合わせてみると…

 仮に、Kが「相談を受けた」と主張する元組長・X氏との関係が事実であれば、“義侠心に駆られただけだ”と、苦しいながらも言い訳はできよう。しかし、渦中のX氏を直撃すると、

「脅迫電話をした人物なんてまったく知らない!」

 と、憤りを隠さず続けた。

「私の名前を使って物ごいのようなことをしているヤツがいても、自分は何も関係ない。その証拠に、通知書を受け取って以降、警察やジャイアンツから連絡が来たこともありません。もう、そっとしておいてもらえませんかね」

 Kとは一切の接点がなかったというのだ。

 記者は熱海にKを訪ねたが、自宅とされている住所にKは不在だった。階下の住人によれば、まさに前回の報道があった4年ほど前に引っ越したという。その住人にKへ連絡を取ってもらったところ、

「Kが『記者を追い返せ!』と言っている」

 という通告が返ってきた。

 Kが経営するという旅館にも向かったが、すでにKは経営から退いているとのことで、現在の経営者は、

「5年半ほど前から自分が経営を引き継いでいる。その後もKとつきあいはあるが、連絡先を私が申し上げることはできない」

 と、にべもなかった。

 1度目の恐喝が発覚する以前にKと交流していた人物が証言する。

「原氏の事件発覚後、携帯電話の番号が変わり、限られた人間しか連絡を取れなくなったんです」

 旅館経営から退き、住居を移し、携帯も替えて‥‥。逃げるように表舞台から姿を消したように見えるが、Kは今、窮地に立っている。2度目の恐喝は、無傷で済みそうにないからだ。

 一連の騒動について、巨人に質問状を送ると、「読売巨人軍広報部」名義で以下のような回答があった。

〈当球団が警視庁に相談している案件のため、回答は差し控えます〉

 同様にNPBにも質問状を送ると、

〈暴力団排除活動は、従来より、日本野球機構・12球団・選手会が一致結束して取り組みを推進しております。今回お問い合わせいただきました内容については、具体的な回答を差し控えさせていただきます〉

 との回答だった。

 球界では、選手のマネージメント会社が暴力団のフロント企業だったり、女性をあてがうことで、その暴力団がつながりを持ったりと、グレーな噂があとを絶たない。しかし、ここにきてやっと球界はそんな根深い問題に重い腰を上げ、暴力団交遊の根絶に取り組み始めているのだ。

「警視庁も暴排機運を高めるためにも、捜査に乗り気で事実確認を進めています」(社会部記者)

「1億円恐喝男」の、年貢の納め時は近い。

関連記事(外部サイト)