ヤクルトスワローズの真中満監督が、補強を巡る姿勢を伝えられず球団に不信感か

記事まとめ

  • 真中監督はバレンティンの守備走塁などに頭を悩ませ、代わりを欲しがっていたという
  • しかし、ヤクルトのフロントは外野手補強に乗り出さず、バレンティンの残留が決定した
  • 真中監督は、バレンティン残留に関するフロントの意図が伝えられず不信感があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております