「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(1)「監督はやりたくなかった」

「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(1)「監督はやりたくなかった」

「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(1)「監督はやりたくなかった」

 貧打に投壊、さらには稚拙なミスまで連発。由伸巨人は負けるべくして負け続け、気がつけばAクラスにしがみついていることすら危うい状態。選手、首脳陣、フロントにはそこかしこに亀裂が生じ、メルトダウン進行中だ。大型補強で優勝候補筆頭だった、球界の盟主にいったい何が起こっているのか──。

「何点取っても取り返されるだけ。同じだよ」

 球界の盟主・巨人のベンチが悲惨な光景を繰り広げている。交流戦直前の最終カード・広島戦で計19失点の3タテを食らい、これで今季の対戦成績は1勝10敗に。まさに“コイの餌”たる惨状に、球団スタッフが冒頭の嘆き節を漏らしたわけだが、交流戦が開幕しても負の流れは変わらない。パ・リーグ首位の楽天にもいいとこなしの3タテを食らい、連敗街道を伸ばすだけとなった。深刻な打撃は、かろうじてチーム本塁打数こそ4位だが、打率、得点、出塁率などでリーグワーストを記録している(6月1日現在)。ついには系列紙のスポーツ報知までが1面で「クルーズ使え!!」と、無策の高橋由伸監督(42)に起用法を指南。その直後、実際にクルーズ(33)は一軍昇格している。

「連敗中も由伸監督は毎日『こういうふうにやったら負けというやられ方』といった、まるで他人事のようなコメントを出している。『俺が悪かった』とスパッと終わらせないんです。昨季に引き続き、起用法、采配は村田真一ヘッドコーチ(53)と尾花高夫投手コーチ(59)に任せきりです。それに加え、まるで現役選手のように筋トレに励み、練習のフリーバッティングにも参加するなどして『監督なんてやりたくなかった』と、当てつけのような言動をしている。こうした背景もあり、主力も含めた選手らは監督のコメントをチェックして『また監督が無責任なこと言ってるよ』とうんざりしています」(巨人番記者)

 一方で、村田ヘッドはただ一人、「由伸監督が(口下手なことで)誤解されるといけないから、俺がしゃべるんだ」と躍起になっているのだが‥‥。

「村田ヘッドは興奮すると会話が支離滅裂になってしまうんです。結果、記者も聞き取るのに苦労していますし。そればかりか、リード面で叱責を受けることの多い肝心の小林誠司(27)までもが理解できていないようで、首をかしげる姿が見受けられます」(前出・巨人番記者)

 さらには尾花コーチも、昨年からトラブルメーカーになり続けているというのだ。

「他の投手コーチの意見に耳を貸さないんです。そのため昨年は、一軍にいた豊田清二軍投手コーチ(46)と大ゲンカが起きています。ブルペンにいることが多い豊田コーチは選手が近くにいるにもかかわらず、『何でこいつ使ってんだ!』と采配に声を荒らげるだけでなく、尾花コーチの判断を待たず、勝手に選手に肩を作らせることもあった。今年は田畑一也コーチ(48)が豊田コーチの後釜となりましたが、ドラフト10位の苦労人が身につけたこだわりの野球論を尾花コーチが容認せず、対立することが多い。結果、田畑コーチがそのストレスを選手にも向け、アドバイスを求めた選手に『面倒くさい』と突き放すこともしばしばです。スタッフのいざこざの“被害”を受け続けている選手からは『もう勘弁してくれ』と嘆く声が頻繁に聞こえてきます」(球団関係者)

 こうした報告は由伸監督の耳にも伝わっていたものの、不問に付し、相変わらず尾花コーチに全幅の信頼を寄せてきたという。

「ところが今季は、尾花コーチの投手起用、継投があまりにも裏目に出ているため、さすがの監督も尾花コーチの主張を突っぱね、『ダメだ、もう代える』と意見するようになったんです。由伸監督との関係まで悪化して、四面楚歌となった尾花コーチにはシーズン中の配置転換までささやかれ始めましたが、そもそもこの案は、尾花コーチと一触触発状態であるエース・菅野智之(27)の溜飲を下げるためだとも言われています」(スポーツ紙デスク)

関連記事(外部サイト)