バットがライトセーバーに!「スター・ウォーズ」コラボで広島と阪神の選手がジェダイに

バットがライトセーバーに!「スター・ウォーズ」コラボで広島と阪神の選手がジェダイに

(c) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のその後を描いた、12月5日に公開される最新作「最後のジェダイ」と、広島東洋カープ、阪神タイガースがコラボしたスペシャルポスターが公開された。


スペシャルポスターには、広島から丸佳浩、鈴木誠也、菊池涼介、阪神から糸井嘉男、福留孝介、鳥谷敬がバットではなくライトセーバーを手に登場。ジェダイさながらの勇姿で、「スター・ウォーズ」の人気キャラクター C-3PO、R2-D2、BB-8との共演を果たしている。


「スター・ウォーズ」と2球団とのコラボは、広島は映画とイメージカラーの赤が同じであることから実現。広島=赤が定着したのは、ユニホームの胸の文字や背番号、ストッキングなどが赤一色に統一された1977年から。この年に「スター・ウォーズ」が誕生したという縁を感じさせるコラボとなっている。


阪神は、映画で重要なカギを握る“レジェンド世代”と“NEW ジェネレーション”の関係性が、実績十分の“ベテラン世代”と成長著しい“若手世代”が融合した阪神のチームイメージと結びついたため実現。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」もセ・リーグで2連覇を狙う広島と、それを追いかける2位阪神の戦いに勝るとも劣らない衝撃的な展開になっているという。

関連記事(外部サイト)