広島優勝のセ、次の注目はCS争い…「勝率5割未満」での日本シリーズ出場はあるか?

広島優勝のセ、次の注目はCS争い…「勝率5割未満」での日本シリーズ出場はあるか?

横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智 (c)朝日新聞社

 プロ野球のセ・リーグは、広島が25年ぶりの優勝を決めた。これにより、広島はクライマックスシリーズ(CS)でファイナルステージに出場することが決定。今後は、残り2枠のCS出場チームが、どこになるか注目される。

 9月11日現在、2位は66勝60敗3分け(勝率5割2分4厘)の巨人、5.5ゲーム差の3位は62勝67敗3分け(勝率4割8分1厘)のDeNA、さらに3.5ゲーム差離れた4位は60勝72敗1分けのヤクルト(勝率4割5分5厘)だ。巨人とDeNAの直接対決は2試合しかなく、巨人の2位はほぼ確定だろう。ヤクルトとDeNAは直接対決が4試合残っており、3位争いは白熱することが予想される。

 現時点で上位にいるDeNAは、12球団で唯一、CSに出場したことがない。昨年は前半戦を首位で終えながら、最下位に沈んだ。逆にヤクルトは昨年まで4度の出場。経験では上回っている。しかし、今季の対戦成績はDeNAが13勝8敗とリード。5月以降に限ると11勝5敗と、圧倒している。このカードでDeNAの得点は102に対し、失点は89。戦力的にはDeNAが有利といえそうだ。ただし、DeNAは梶谷隆幸、ヤクルトはバレンティンが故障で11日の試合を欠場している。13、14日に迎える直接対決(神宮)へ向け、主力の回復具合も勝敗を左右しそうだ。

 今季の交流戦では、広島以外のセ・リーグ球団が勝率5割以下に沈んだ。そのため、セはAクラスの3位でも借金となる可能性が高い。過去に勝率5割未満でCSに進んだチームは、05年西武、09年ヤクルト、13年広島、15年阪神の4チーム。このうち、ファーストステージを勝ち上がった球団は、レギュラーシーズンを過去最低勝率(4割8分9厘=69勝72敗3分け)で突破した13年広島だ(ファイナルステージで巨人に3連敗)。今季はさらなる低勝率でCS進出となる可能性もある。ファーストステージはわずか3戦という超短期決戦のため意外な結果も多々あるが、過去に勝率5割未満で日本シリーズに出場したチームはない。

 広島は2位に14ゲームをつけている圧勝で、2リーグ制後、2番目に早いペースで優勝を決めた。早々にV決定を迎えたチームは、疲労回復との兼ね合いでCSに向けた調整が難しい。最近では12年9月21日に優勝を決めた巨人が、ファイナルステージで開幕3連敗するなど(その後3連勝でアドバンテージ1勝を含めて突破)、試合勘を取り戻すまでに時間がかかった。CSには賛否両論あるが、導入で消化試合が大幅に減った分、最後まで熱い戦いが見られそうだ。(文=日刊スポーツ・斎藤直樹)

関連記事(外部サイト)