石川遼、“復活”は本物か…好調の要因は「怪我の功名」だった!?

故障から復帰後の石川遼が好調 怪我によるスイングとクラブに対する意識改革が要因か

記事まとめ

  • 腰を痛め治療とリハビリに専念してきた石川遼が完全復活を印象づける活躍を見せている
  • 復帰後の好調の要因は、石川遼のスイング、そしてクラブに対する意識改革だという
  • 腰を痛めたことで自分の体やパワーに合わせたスペックを使用することが賢明と判断した

石川遼、“復活”は本物か…好調の要因は「怪我の功名」だった!?

石川遼、“復活”は本物か…好調の要因は「怪我の功名」だった!?

復帰後好調を維持する石川遼。(写真:Getty Images)

 故障から復帰後の石川遼が好調だ。

 8月末の国内ツアー、RIZAP KBCオーガスタで5打差圧勝を飾ると、翌週のフジサンケイクラシックで2位タイ。そしてホストプロとして挑んだANAオープンではトップに2打差の単独3位と、完全復活を印象づける活躍を見せている。

 今年2月に腰を痛めPGAツアーを離脱してから治療とリハビリに専念してきた石川。7月の日本プロゴルフ選手権では77、79と振るわず予選落ちしたが、一ヶ月ぶりの参戦でいきなり他を寄せ付けない強さを見せてくれた。本人も「100%怖がらずに打てるようになった」としっかりスイングしても腰に痛みが出ないと確認できたことで、安堵するとともに、自信を取り戻したのではないだろうか。

 長期欠場していた石川だが、昨年からの成績を見ると国内では相変わらずの強さが際立っている。先に述べたように、最近出場した3試合では全てトップ3に入ったが、昨年も終盤のカシオワールドオープンを単独2位でフィニッシュすると、最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップでは2日目からトップを守りメジャー制覇を成し遂げた。この他、ANAオープンでも優勝しており、国内における石川の強さは頭一つ抜けているようだ。

 これを国内ツアーのレベルが低いからと片付けるのは簡単。だが、故障で長期欠場を余儀なくされ実戦から離れていた選手が、いきなりプレーして優勝できるほど甘いものでもないだろう。そういう点では、出場した3試合で白星を含め全て優勝争いを演じた今の石川は、故障前のレベルに復活したと言えるのではないだろうか。

 では、石川が復帰後にいきなり好成績を挙げている要因はどこにあるのか。それは石川のスイング、そしてクラブに対する意識改革だろう。

 故障前の石川は、手先ではなく体で重い球を打とうとドライバーで90g台のシャフトを使ってきた。PGAツアーでは60、70g台のシャフトが主流になっているが、そんな中で石川が使っていたドライバーシャフトはかなりの重量級。確かに重いシャフトは体幹でスイングしやすく強い球も出しやすいだろうが、軽めのシャフトに比べれば体の負担が増すことは容易に想像できる。飛ばし屋のダスティン・ジョンソン(米)ですら60g台のシャフトなのに、ツアーの中では小柄な石川が90g台を使っていたのでは、体が悲鳴を挙げるのは当然の結果だったのだ。

 それが、復活優勝したRIZAP KBCオーガスタではTOUR AD TP 6Xを装着したキャロウェイゴルフのXR16 SUB ZEROドライバーを使用していた。このシャフトはメーカーのスペック表によると重さ67g。アイアンもN.S. PRO MODUS3 SYSTEM3+PROTOTYPEシャフトに変更しており、ややスペックダウンしたセッティングで試合に臨んでいた。

 これまでの石川は、体を鍛えることで重いクラブを使いこなせるようにトライしていた。しかし、腰を痛めたことで自分の体やパワーに合わせたスペックを使用することが賢明と判断。これが、結果として今回の復活劇につながったというわけだ。

 怪我の功名といえるかは微妙ではあるが、無理なく飛ばせる、狙えるセッティングにしたことは正しい選択。石川は、PGAツアー開幕戦と日本オープンがともに同週開催(10月13日〜)のためどちらに出場するかが注目されていたが、日本オープンへの参戦を決めた。この大会にはアダム・スコット(豪)、松山英樹とPGAツアーで活躍するトッププロもプレーする。クラブを変えて復活を遂げた石川は、国内屈指の難コースでこの2人とどんなゴルフを見せてくれるのだろうか。(文・田村一人)

関連記事(外部サイト)