錦織圭が2年ぶり3度目のVへ 「ジャパンオープン」をどう戦うのか?

錦織圭が2年ぶり3度目のVへ 「ジャパンオープン」をどう戦うのか?

この大会では初の第1シードとして2年ぶりの優勝を狙う錦織計。(写真:Getty Images)

 楽天ジャパンオープンは、錦織圭にとって「いろいろ経験させてくれる大会」なのだという。

 “プロ”としてのキャリアを踏み出したのは、9年前のこの大会。成長した姿を日本で披露すべく主催者推薦枠で出場した17歳の錦織は、緊張のあまり持てる力を出し切れず、悔いを抱えて有明コロシアムを後にした。

 歓喜の時は、初出場から5年後の2012年に訪れる。1万人のファンとともに祝福したジャパンオープン初優勝は、彼にとっても実に4年半ぶりとなる、待望のツアー2勝目であった。

 2度目の同大会優勝は、ただただプレッシャーとの戦いであった。2014年、全米オープンの準優勝により、過激なまでに急増した期待と注視。当の錦織も、自分自身への期待感がある。そのあらゆる重圧を乗り越えたとき、彼はコート上で「限界を乗り越えられた」と大粒の涙を流した。

 そして今年――錦織はジャパンオープンに“第1シード”として出場する。それも、今回新たに加わった「いろいろな経験」の一つ。これまでツアーで6度の第1シードを経験してきた錦織だが、ジャパンオープンでは、今回が初めてとなる。

 もちろん第1シードとは言え、ランキング30位以内の選手が多く顔を揃えるこの大会では、1回戦から厳しい戦いが続いていく。初戦の対戦相手は、ニコラス・アルマグロ。現在のランキングこそ48位だが、5年前には9位を記録している実力者だ。ランキングを落としたのもケガがあったためであり、ベースラインから繰り出される強打は依然健在である。なお、両者の過去の対戦は、錦織が2勝1敗とリード。唯一の敗戦は3年前のジャパンオープンであり、直近の対戦となる2015年1月の全豪オープンでは、錦織がストレート勝利を収めている。この全豪での対戦も初戦であり、このアルマグロ戦でリズムをつかんだ感のある錦織は、その後快勝を連ねて同大会のベスト8まで進出した。

 そのアルマグロに勝ったとして、2回戦から先の“対戦相手予想”をすることは、あまり意味がないだろう。錦織本人も「ドローは見ない」と常々公言しているし、ランキング上位の選手が必ずしも勝ち上がる訳でないことは、過去の多くの大会が証明している。ただあえて、錦織と同じドローの山に居る注目選手をあげるとすれば、センス溢れるオールラウンダーのダビド・ゴファン(第5シード)や、2年前の全米オープン優勝者にして今年8月のシンシナティ・マスターズ優勝者でもあるマリン・チリッチ(第4シード)が、実績面でも頭一つ抜け出すだろう。ケガのためランキングこそ落としてこそいるが、1年前にはトップ10にいたビッグサーバーのケビン・アンダーソンも気になる存在だ。

 今大会には、錦織のほか3名の日本人選手が出場する。第5シードのゴファンと初戦で対戦する西岡良仁は、日本のみならず世界的にも注目の若手選手。170センチと小柄だが、鋭いスピンをかけあらゆるコースに打ち込まれる左腕のフォアと、直線的にコートに刺さるバックで高次に構築されるストローク戦は、まるでチェスのような緻密さを誇る。先のデビスカップ(国別対抗戦)で日本を勝利に導く貴重な勝利を手にしたことでも分かるように、大舞台でこそ輝くのも、この小柄なファイターの魅力である。

 その西岡と同様に、やはりデビスカップで日本勝利の立役者となったのが、大会主催者推薦枠(WC)で出場するダニエル太郎だ。昨年もWCオファーを受けながら、「下部大会に出てポイントを稼ぎたい」との意向であえて欠場したジャパンオープンに、今回はトップ100選手として満を持して出場。今年はオリンピックでも3回戦に勝ち進むなど、着実に実力と自信も積み重ねている。ファンの声援をプレッシャーではなく味方にできれば、今大会の台風に目になるポテンシャルを秘めた大型プレーヤーだ。

 そしてこのダニエル同様、オリンピックでの経験と勝利を実らせ躍進を見せているのが、杉田祐一である。28歳の誕生日を迎えたばかりの杉田は、年齢的には日本勢の兄貴分。それでもオリンピック出場やその後のATPツアーでの活躍など、新たな体験の連続に新鮮な喜びを覚える杉田は、今もっともフレッシュな選手だと言えるかもしれない。

 ジャパンオープンは、現在日本で開催される、唯一のATPツアーである。だからこそ日本人選手たちの、「この大会で存在感を示したい」との想いは、当然強い。だが同時に世界5位の錦織を筆頭に、今や日本人選手たちにとって、ATPツアーで戦うことは日常の一部でもある。

 錦織は日本での戦いについて、「あまり周囲が気にならなくなってきた」と言った。平常心に適度な高揚感をブレンドさせ、錦織が、そして日本勢が、有明コロシアムで世界最高峰のプレーを披露する、熱い一週間がいよいよ始まる。(文・内田暁)

関連記事(外部サイト)