阪神・高山が新人王確実、期待外れは… プロ野球ルーキー査定<セ・リーグ編>

阪神・高山が新人王確実、期待外れは… プロ野球ルーキー査定<セ・リーグ編>

2点本塁打を放つ高山俊=4月24日、青山芳久撮影 (c)朝日新聞社

 プロ野球のセ・リーグは、レギュラーシーズンの全日程を終了した。今季は主力級の活躍をした新人が目立ったが、主な選手を査定してみたい。

 新人王候補の筆頭は、阪神の高山俊外野手だ。東京六大学リーグでは通算安打記録を更新し、昨秋のドラフトではヤクルトと阪神が1位指名。クジを引いたヤクルトの真中満監督が当たりと勘違い、ガッツポーズするなど、入団前から注目を集めていた俊足巧打の選手だ。

 オープン戦で打率.327と結果を残し、公式戦では開幕から1番に定着した。3月31日ヤクルト戦では、初回先頭打者アーチのプロ1号。初球を打った新人は72年ぶり2人目だった。調子を崩してスタメンを外れる時期もあったが、134試合に出場。得点圏打率はリーグ2位の.377と好機に強く、8月下旬から3番に座った。136安打は98年坪井智哉(現DeNAコーチ)を抜いて、球団の新人記録を更新。チームの新人で65打点は、69年田淵幸一の56打点、80年岡田彰布の54打点よりも多い。守備や走塁に課題は残るが、金本知憲監督の掲げる「超変革」の象徴となった。

 初のクライマックスシリーズ進出を決めたDeNAでは、新人バッテリーも大きな役割を果たした。ドラフト1位左腕の今永昇太投手は、4月29日に開幕4連敗。ただし、この時点で防御率はリーグ5位の2.45と安定しており、ここから5連勝と一気に巻き返した。疲労で6月19日から7月23日まで2軍で再調整となったが、最終的にチームで3番目に多い8勝(9敗)。奪三振136はチーム最多だ。

 ドラフト4位の戸柱恭孝捕手も、経験が重宝されるポジションながら、定位置をガッチリつかんだ。捕手としてチーム最多の110試合に先発出場。投手陣を引っ張り、前半戦は防御率リーグ2位と健闘した。盗塁阻止率2割ちょうどはリーグ最低、捕逸はリーグ最多の8と守備に課題もあるが、代打も含めた出場は124試合。新人捕手で出場120試合以上は、07年嶋基宏(楽天=125試合)以来で、セでは01年阿部慎之助(巨人=127試合)以来だ。それほど、プロ1年目から正捕手をつかむのは難しいということを証明するデータだ。

 主力級の活躍をした前記3人以外で、新人として及第点なのは次の4投手だ。2勝8敗、防御率5.91ながら、序盤戦は先発ローテーションを守ったドラフト1位の原樹理(ヤクルト)。15試合に先発し、4勝3敗1ホールド、防御率3.02で広島のリーグ優勝に貢献した岡田明丈。ドラフト5位ながら12試合に先発し、4勝5敗、防御率3.29の青柳晃洋(阪神)。高卒ルーキーながら15試合に登板し、2勝(6敗)を挙げた小笠原慎之介(中日)。中日で高卒1年目に白星を挙げたのは、89年の今中慎二以来。2勝以上は88年の上原晃(3勝)以来28年ぶりの快挙となった。昨夏の甲子園優勝投手は、将来性の片りんをのぞかせた。

 チームの期待が高かった中で、残念ながら十分な働きで応えられなかった選手もいる。巨人のドラフト1位、桜井俊貴は開幕5試合目に先発も5回途中で4失点KO。翌日に登録抹消されると、1軍に戻ることはなかった。広島のドラフト2位、横山弘樹も同様。開幕5試合目に先発して初勝利を挙げたが、5月7日に2軍落ち。以後は1軍に復帰することなく、6試合で2勝2敗に終わった。野手では中日にドラフト3位でトヨタ自動車から入団した木下拓哉捕手。谷繁元信監督が現役引退し、若手捕手の台頭を待望されたチーム状況だったが、1軍初出場が8月と遅すぎ、先発出場はわずか4試合だった。

 いずれの選手も、アマチュアより長いプロのペナントレースを乗り切る体力をつけた時、真価を発揮すると期待したい。勝負は始まったばかりだ。(文=日刊スポーツ・斎藤直樹)

関連記事(外部サイト)