巨人、鍵を握る守護神・澤村 DeNAは打撃戦に持ち込めるか/セ・リーグCS 1st展望

巨人、鍵を握る守護神・澤村 DeNAは打撃戦に持ち込めるか/セ・リーグCS 1st展望

巨人・澤村拓一(東京巨人軍提供)(c)朝日新聞社

 セ・パのレギュラーシーズン全日程が終了し、8日からはいよいよクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが始まる。セ・リーグでは、リーグ覇者の広島への挑戦権を懸け、巨人とDeNAが激突する。

 CSが導入された2007年からすべて出場を果たしている2位の巨人に対して、CS初出場の3位・DeNAが東京ドームに乗り込む。今季の両チームの対戦成績は、DeNAが14勝10敗1分けと勝ち越しに成功し、かつ対巨人戦6連勝でシーズンを終えただけに、かなり良いイメージを持って“巨倒”に挑むことができるはずだ。

 DeNAの投手陣では今季11勝5敗、防御率2.86のエース・山口俊が右肩痛で登板回避となり、代わりに第1戦には石田健大(今季9勝4敗、防御率3.12)を送り込み、その後は今永昇太(同8勝9敗、防御率2.93)、井納翔一(同7勝11敗、防御率3.50)の2人の登板が濃厚だ。今季の巨人戦の成績を見ると、石田は6試合で2勝0敗ながら防御率4.15で、今永も4試合で0勝2敗、防御率4.68。井納は4試合で2勝1敗、防御率2.96だが、不安が残る。勝つためには“打つこと”が重要になるだろう。

 打線の中での期待は、言わずもがな、今季打率.322、44本塁打、110打点で本塁打王&打点王の2冠に輝いた4番・筒香嘉智である。9月23日(東京ドーム)、24日(横浜)の巨人2連戦では、計8打数6安打3本塁打6打点の大暴れ。CS前の社会人チームとの練習試合でも好調を維持しており、最も頼りになる存在だ。同時に今季の対巨人戦打率.330で9月に月間12本塁打とアーチを量産したロペスが古巣相手に再爆発すれば、大量得点も奪えるはず。果たしてDeNAの下克上はあるのか。

 迎え撃つ巨人は、第1戦の菅野智之(今季9勝6敗、防御率2.01)からマイコラス(同4勝2敗、防御率2.45)、田口麗斗(同10勝10敗、防御率2.72)の先発3本柱が先発予定。3投手ともに防御率2点台だが、対DeNA戦に限ると菅野が5試合で1勝1敗、防御率4.05、マイコラスが4試合で1勝0敗、防御率3.86、田口も3試合で1勝2敗、防御率3.74と一気に跳ね上がる。不安は拭い切れない。

 その投手陣を助けたい打線では、古巣との対戦になる村田修一に期待したいところ。今季は打率.302、25本塁打、81打点と結果を残し、その中でもDeNA戦は打率.319、10本塁打、19打点と得意にしていた。さらにシーズン終盤の10試合で計37打数16安打の打率.432、5本塁打、12打点と調子を上げており、CSでの爆発予感タップリだ。

 さらに大きなカギを握るのが、守護神の澤村拓一だろう。今季は自己最多の63試合に登板して6勝4敗37セーブ、防御率2.66でセーブ王のタイトルを獲得したが、シーズン終盤は救援失敗が続いて信頼感は揺らいだまま。特に菅野智之、内海哲也の2ケタ勝利を帳消しにするなど、重圧のかかるマウンドで痛打を浴びる場面が目立った。CSでは自身の価値が問われる勝負のマウンドとなる。

 過去9年のCSファーストステージでの勝ち上がりチームを振り返ると、セ・リーグでは2位が6度で3位が3度。日程を見ると、09年以外はすべて初戦に勝利したチームが突破している。2戦先勝の超短期決戦においては初戦への比重が非常に大きいことが改めて分かる。節目の10度目のCSはどのような結果となるのか。例年になく盛り上がったプロ野球界の締めくくりに相応しい熱戦を期待したい。

関連記事(外部サイト)