ソフトバンク、優勝逃した影響は? “下剋上”のロッテは虎視眈々/パ・リーグCS 1st展望

ソフトバンク、優勝逃した影響は? “下剋上”のロッテは虎視眈々/パ・リーグCS 1st展望

ソフトバンクはケガから復帰の柳田悠岐が起爆剤になれるか。 (c)朝日新聞社

 セ・パのレギュラーシーズン全日程が終了し、8日からはクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが始まる。パ・リーグでは、まさかの失速で優勝を逃したソフトバンクに、過去5度ともCSファーストステージを突破しているロッテが真っ向勝負を挑む。リーグ覇者日本ハムへの挑戦権を得るのはどちらか。

 今季の両チームの対戦成績は、ソフトバンクが16勝8敗1分けと大きくリード。しかし、8月以降はソフトバンクの5勝4敗とその差は一気に縮まっている。これがCSの舞台でどうなるか。

 ロッテの先発は、石川歩(今季14勝5敗、防御率2.16)と涌井秀章(同10勝7敗、防御率3.01)の2枚看板が強み。3戦目には唐川侑己(同6勝6敗、防御率2.84)やスタンリッジ(同8勝8敗、防御率3.56)が控えるが、理想としては2連勝で勝ち抜きたいところだ。ただ、今季のソフトバンク戦の成績を見ると、石川が4試合で1勝3敗、防御率3.95。涌井も8試合で2勝2敗、防御率3.60と数字を落とす。さらに敵地・ヤフオクドームに限定すると、石川が2試合で0勝2敗、防御率8.18、涌井も3試合で1勝0敗、防御率5.49とさらに悪化。このダブルエースが崩れれば勝ち目は薄くなる。

 打線では、4番・デスパイネが大きなカギを握るだろう。9月に左手首痛を訴えて万全ではないが、今季のヤフオクドーム11試合で打率.311、8本塁打、14打点と好成績を残した主砲の活躍なしには“下克上”は難しい。同じく助っ人のナバーロもキーマンの一人。怠慢プレーなどで評価を落としたが、CSで汚名返上したいところだ。首位打者に輝いた角中勝也を始め、打線は粘り強く、何より選手とファンの間には“下克上”への意識が根付いており、チーム一丸でモチベーションは高い。

 一方、ソフトバンクで最も心配されるのが、その気持ちの部分だ。最大11.5ゲーム差を日本ハムに逆転されたショックは大きく、工藤公康監督への不満も蓄積されている。指揮官が笛吹けども踊らない状況だと、あっさりと連敗してしまうことも考えられる。

 先発では、今季投手2冠の和田毅が左肘痛でCSファーストステージでの登板が絶望的。また、今季14勝8敗、防御率2.95の武田翔太は、日本ハムとのCSファイナルステージ初戦を見据えて“温存”する予定となっている。代わりに千賀滉大(今季12勝3敗、防御率2.61)、バンデンハーク(同7勝3敗、防御率3.84)、中田賢一(同7勝3敗、防御率3.01)の3人でロッテ打線を封じ込めるつもりだ。この決断は一体どう出るか。ただ、今季のロッテ戦の成績を見ると、千賀が7試合で4勝0敗、防御率2.36、バンデンハークも2試合で2勝0敗、防御率1.20の好相性(中田は対戦なし)。レギュラーシーズンでのパフォーマンスを継続できれば心配はない。

 打線では、柳田悠岐が起爆剤になれるかどうか。9月1日の西武戦で右手薬指を骨折し、10月3日の秋季教育リーグで約1カ月ぶりの実戦復帰を果たした。どこまでトップフォームに仕上げているかという疑問は残るが、今季のロッテ戦で打率.366、5本塁打、21打点の好相性を誇るだけに期待は大きい。ソフトバンクの今季の貯金29は、ロッテの貯金4を大きく上回っており、絶対に負ける訳にはいかない。

 過去のCSファーストステージでの勝ち上がりチームを振り返ると、パ・リーグでは2010年以降6年連続で3位チームが“下克上”に成功しており、ここだけを見ればロッテ有利となる。また、日程面に目を向けると、パ・リーグでは07年以降、初戦に勝利したチームすべてが勝ち上がっており、第1戦が大きなカギを握ることになるだろう。

関連記事(外部サイト)