原因は転売か、カープファンの買占めか CSでも「ビジパフォ空席」めぐり論争勃発 広島球団の対応は…

原因は転売か、カープファンの買占めか CSでも「ビジパフォ空席」めぐり論争勃発 広島球団の対応は…

CSファイナルステージの初戦に勝利し、盛り上がる広島ファン(c)朝日新聞社

 25年ぶりのセ・リーグ優勝を決め、32年ぶりの日本一を目指す広島東洋カープ。10月12日からは、日本シリーズを目指して、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAとの対戦が始まった。しかし、そんななか、スタジアムでは“ある問題”が浮上している。

 問題となっているのは、試合が行われるマツダスタジアムの「ビジターパフォーマンス席」、通称「ビジパフォ」だ。マツダスタジアムはカープの本拠地だが、この「ビジパフォ」は、球団が「ビジターチームが気兼ねなく応援できるように」と用意した席。三塁側エリアの1670席ほどがこのビジパフォ席にあたる。ビジパフォのチケットは誰でも購入することができるが、球団サイトはこの席での「カープグッズの着用、使用はご遠慮ください」と掲げている。基本的にはビジターチームのファンが試合を楽しむための席として用意されたものなのだ。

 しかしいま、この席に「空席」が目立つことが問題になっている。その原因としてささやかれているのは、カープファンがこのビジパフォのチケットを買い占めているのではないか、ということだ。しかしカープファンがビジパフォのチケットを購入しても、そこではグッズを身に着けての応援はできない。そのため、内野自由席に移動したり、コンコースで立ち見をしながら応援しているという。

 実はこのことはシーズン中にも話題になっており、ネット上ではこんな怒りの声があがっていた。

「ビジパフォを買って内野席に流れ込む人が多すぎる」
「別に広島に負けて欲しいとかじゃなくて、ビジパフォにいるカープファンにただただ腹が立つだけ」
「内野自由席のチケット点検ルールをまずは変えなきゃ。ビジパフォ持ってたら『どうぞー』って入れちゃうからいかん」

 こうしたツイートとあわせて、内野側コンコースで座り込んで応援するカープファンの画像もアップされている。

 こうした状況についてカープ球団に問い合わせたところ、次のような回答があった。

「現在は座り込んだり、敷物・イスを持ち込んでの場所取りは、ほかのお客さまのご迷惑になりますので、ご遠慮いただくようにしています。(CSチケット発売前の)10月7日には公式サイトでもこういったアナウンスを行っており、また今後はこれについての対応も強化していく予定です」

 しかし、カープにとってCS初戦となる12日、マツダスタジアムのビジパフォには空席が目立つとの情報が散見された。当然ながら球団サイトには空席情報はなく、チケットは完売しているから、本来ならばビジパフォも埋まっているはずなのに、だ。

 そしてこの日も、ツイッター上には「ビジパフォなんかむっちゃ少ないね。カープファンの仕業?」「結局またビジパフォ問題起こってんのかよ」と「ビジパフォ問題」を嘆く声が流れた。

 こうしたカープファンへの批判が集まる一方で、「ビジパフォ問題」のもうひとつの原因と目されているのが「転売バイヤー」の存在だ。これは、転売目的で購入したバイヤーが、チケットをさばききれなかったのでは、という説だ。実際、チケット売買サイトには、カープ対DeNAのチケットを高額で出品している人の姿も見られた。ツイッター上でも「空席がカープファンのせいなのか、転売バイヤーのせいなのかわからない」と混乱する野球ファンの声が散見された。

 空席の原因はカープファンなのか、はたまた転売目的のバイヤーなのか……事実ははっきりしないが、野球ファンにとっては一刻も早く解決してほしい問題であることは間違いない。

関連記事(外部サイト)