マエケン、不調の原因は? ナ・リーグ優勝決定シリーズ初戦、先発の役割を果たせず

マエケン、不調の原因は? ナ・リーグ優勝決定シリーズ初戦、先発の役割を果たせず

4回4安打3失点と、先発の役割を果たすことができなかった前田。(写真:Getty Images)

 4被安打はすべて2ストライクに追い込んでから許したもの―――。そんな結果を振り返ると、現地時間10月15日、カブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ(NLCS)第1戦に先発したドジャースの前田健太の投球は余計に残念に思えてくる。

 初回、先頭のデクスター・ファウラーをカウント1-2としながら、4球目を中前打。続く2番のクリス・ブライアントにも1-2から左越えの適時二塁打を打たれ、打者2人であっという間に先制点を許してしまう。

 さらに2回裏にも先頭のジェーソン・ヘイワードに2-2から三塁打。7番のハビエル・バエスに1-2から中前にポトリと落ちるタイムリー二塁打を打たれ、その後本盗を決められ合計3点を失った。

「このシリーズは何の力にもなれなかった。次のシリーズでしっかり力になれるように頑張りたい」

 ナショナルズとの地区シリーズ第3戦で3回5安打、4失点で負け投手になった前田は、シリーズ勝利後にそう語っていた。

 この日のゲームには期するところがあっただろう。しかし、前田が序盤に失点した後、ドジャースは一度は追いついたものの、結局は4‐8で敗戦。4回4安打、3失点で降板した28歳の日本人ルーキーは、またしてもチームを助けることはできなかった。

 10日に行われたナショルズ戦に続き、今回のゲームでもツキに見放された感があったのも事実ではある。際どいコースをストライクに取ってもらえず、バエスの二塁打、本盗も不運だった。もっとも、前田が投げているボールにも力強さがなく、制球ももう一つだったことは否定できまい。

 バエスの適時打の場面まで、前戦から通じて2ストライクに追い込んだ後になんと13打数7安打。勝負にいった際のスライダー、真っすぐの制球が甘くなることが多く、打者に脅威を与えるに至っていない。

 もともと相手を圧倒する球威があるわけではない前田だが、制球力とうまさでメジャー1年目は結果を残してきた。しかし、コントロール(ストライクを投げる能力)、コマンド(狙ったコースに投げる能力)が乱れるとこのレベルでは厳しい。

 不調はこの日に限った話ではなく、直近の4試合で合計13回2/3を投げて21安打、自責点15。レギュラーシーズン最後の2試合を含め、4戦連続で5イニングを投げ切れていない。

「日本では200イニングを毎年投げてこれた。今年に関しては170イニングで終わっているので、そこまで疲労は感じていないです」

 10日のナショナルズ戦前にはそう述べてはいたが、日程、環境など様々なことが違うアメリカでの1年目なのだから、日本での実績は参考にならない。疲労の蓄積が投球内容に影響し始めていても不思議はないだろう。

 レギュラーシーズン中に103勝を挙げてメジャー最高勝率をマークし、世界一の大本命と目されているカブスとのナ・リーグ頂上決戦。“アメリカズチーム(全米から期待を浴びているチーム)”と称される強豪との対戦で、ドジャースは下馬評不利と見られている。初戦を落とした後で、特に今後は負けられない戦いが続く。正直、今の状態では今シリーズ中に前田に再び先発マウンドを任せるのは不安だろう。

 逆に言えば、ローテーション通りに中4日で第5戦に先発することになった場合、それは絶対に好投しなければいけない背水の登板になる。そのチャンスは巡ってくるのか。そして、若きタレントが敷き詰められたカブス打線を相手に、力を振り絞る気力が残っているかどうか。前田にとってのメジャー1年目が、まさに大詰めを迎えていることは間違いない。(文・杉浦大介)

関連記事(外部サイト)