「3割打者は優秀」論に、リーグと球界の意思によって人為的に維持されたとの憶測も

記事まとめ

  • MLBではベーブ・ルースが登場した1920年に、ボールを変えて打高投低を演出したという
  • 日本でも投打のバランスが崩れた時代があり、1942年にはリーグ打率が2割を切った
  • しかし、基本的には打率は.250前後で変化せず、人為的に維持されているとの憶測もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております