【MLB】動きの遅いメジャーFA市場、最大の原因は「質の悪さ」と米メディアは辛口

【MLB】動きの遅いメジャーFA市場、最大の原因は「質の悪さ」と米メディアは辛口

去就が注目されるカブスのジェイク・アリエッタ【写真:Getty Images】

今オフWAR最高値はフレイザーの6.8、15年はグリンキーの13.6

 メジャーのフリーエージェント(FA)市場は今オフ、前例を見ないスローな動きを見せている。投打の目玉とされるダルビッシュ有投手(ドジャースFA)、ジェイク・アリエッタ投手(カブスFA)、J.D.マルティネス外野手(ダイヤモンドバックスFA)、エリック・ホズマー内野手(ロイヤルズFA)ら大型契約を勝ち取りそうなFA選手の去就が決まらないまま、1月も中旬に差し掛かろうとしている。

 前代未聞の事態に様々な米メディアが“原因究明”記事を掲載。米スポーツ専門局「ESPN」電子版では、データ解析に定評のあるデーブ・スコーエンフィールド記者が「超スローなホットストーブシーズンの理由」と題した記事の中で、原因と考え得る「10」の理由を挙げている。

 第1の理由として挙げられたのが「今オフのFA市場の質が悪い」ということだ。過去2年と今オフ、そして来オフのFA上位15選手をピックアップし、それぞれの合計WAR(選手の勝利への貢献度を示す指標)を比較。すると、2015年オフのFA市場は合計WARが113.5、2016年オフは81.7、今オフは67.1となり、最近3年で今オフは最低値になる。さらに、ブライス・ハーパー(ナショナルズ)、マニー・マチャド(オリオールズ)らがFAとなる来オフは、合計WARが116.8に上ると予想されている。

 今オフのFA選手で最もWAR値が高い投手はダルビッシュで6.4、野手はトッド・フレイザーで6.8。投打のトップWARが7.0を超えていないのは、比較した4年の中で唯一今オフだけだ。2016年オフのWAR最高値はヨエニス・セスペデス(メッツ)の9.2、2015年オフはザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)の13.6、来オフはジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)の11.8となっており、今オフは例年と比較して全体的にレベルが低いと厳しい評価を下した。

今オフのFA上位15選手のうち13人の代理人が敏腕ボラス氏

 これに関連する興味深い理由の1つは、今オフにFAになる予定だったがFAにならなかった選手の存在だ。本来ならば、2017年オフにはマイク・トラウト(エンゼルス)、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)、ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)、サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)らがFAとなる予定だった。だが、彼らは皆、長期契約を結んだためにFAにはならなかった。記事では「もしトラウト、アルトゥーベ、ゴールドシュミットが今オフFAになっていれば、ヤンキースやドジャースはぜいたく税など気にしなかっただろう」と指摘。今オフFA選手が訴求力に欠けるとした。

 今オフFA選手上位15人のうち13選手をクライアントに持つ敏腕代理人スコット・ボラス氏の存在も、市場が動かない理由の1つに挙がっている。記事でも指摘されている通り、ボラス氏は選手に有利な契約を引き出すために長期戦も辞さないタイプ。アリエッタ、マルティネス、ホズマーらを抱えるボラス氏が動きを見せない限り、FA市場全体が膠着状態から抜け出せない様相だ。

 その他には、現行の労使協定が定めるぜいたく税、来オフの補強を狙うチームが敷く緊縮財政、来オフのFA市場の豪華さ、巨大契約を乱発しない傾向、全球団が今季優勝を目標としてはいない現状、トレード重視の傾向、若手有望株の増加が理由に挙げられた。

 1人でも注目選手の去就が決まれば、芋づる式に動き出すFA市場。2月中旬から始まるスプリングトレーニング直前の駆け込み契約が増える可能性は高そうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)