平成30年野球殿堂入りが発表 殿堂漏れした名プレーヤーたち

平成30年野球殿堂入りが発表 殿堂漏れした名プレーヤーたち

惜しくも野球殿堂入りを逃した立浪和義氏【写真:Getty Images】

今年は松井氏、原氏、金本氏、故・瀧正男氏が表彰

 平成30年野球殿堂入りが15日、公益財団法人野球殿堂博物館から発表された。競技者表彰は「プレーヤー表彰」と「エキスパート表彰」の2部門。「プレーヤー部門」では、候補1年目の松井秀喜氏が336票(91.3%)、阪神・金本知憲監督が278票(75.5%)で一発当選した。「エキスパート部門」では、昨年62票で得票率55.4%を獲得し、惜しくも次点だった原辰徳前巨人軍監督が96票(78.7%)と有効投票数の75%を超えて殿堂入り。また特別表彰委員会から中京大学野球部長、監督などを歴任した故・瀧正男氏が殿堂入りした。

 今回も殿堂に相応しい顔ぶれが選出されたが、惜しくも殿堂入りを逃した名球会プレーヤーたちもいる。名球会入りの条件は、日米通算で打者が2000本安打以上、投手が200勝以上もしくは250セーブ以上。今年度の殿堂候補者の中で、この条件を満たしている人物は7人いた。

〇立浪和義氏(242票、65.8%)
 1987年にドラフト1位で中日へ入団。高卒新人では球団史上唯一の開幕スタメンを勝ち取り、走攻守で活躍したミスタードラゴンズ。通算487二塁打はNPB歴代最多を誇る。通算2480安打、171本塁打、1037打点、打率.285。

〇高津臣吾氏(169票、45.9%)
 1990年にドラフト3位でヤクルトへ入団。代名詞でもあるアンダースローからのシンカーを武器に日本、メジャー、韓国、台湾、独立リーグを渡り歩いた日本を代表する守護神だ。現在はヤクルトの2軍監督を務める。NPB通算598試合に登板、36勝46敗286セーブ、防御率3.20。

〇野村謙二郎氏(105票、28.5%)
 1988年にドラフト1位で広島に入団。走攻守、三拍子そろった遊撃手として1995年は3割30本30盗塁のトリプルスリーを達成し、メジャーに最も近い選手と評された。通算2020安打、169本塁打、765打点、打率.285。

〇小久保裕紀氏(80票、21.7%)
 1993年にダイエー(現ソフトバンク)を逆指名してドラフト2位で入団。勝負強い打撃に強烈なキャプテンシーを発揮し、後に巨人、ソフトバンクでも活躍。引退後の2013年には侍ジャパン監督に就任し、第4回WBCで指揮を執った。通算2041安打、413本塁打、1304打点、打率.273。

〇石井琢朗氏(71票、19.3%)
 1988年にドラフト外で大洋(現DeNA)に投手として入団。92年に内野手に登録変更されると俊足好打の内野手として活躍。98年には1番打者としてマシンガン打線を牽引し、38年ぶりのリーグ優勝を果たした。通算2432安打、102本塁打、670打点、打率.282。なお、投手としても1勝を挙げている。

〇柴田勲氏(30票、24.6%)
 1962年に巨人に投手として入団。日本におけるスイッチヒッターの先駆者とも言われる。俊足を武器にセ・リーグ最多の通算579盗塁をマーク。巨人一筋20年で通算2018安打、194本塁打、708打点、打率.267。

〇新井宏昌氏(10票、8.2%)
 1974年に南海からドラフト2位指名を受け入団。巧みなバットコントロールを武器に2000安打に加え、300犠打をマークするなど繋ぎ役としても活躍した。引退後はオリックス、広島など数々の球団でコーチを務めた。通算2038安打、88本塁打、680打点、打率.291。

今年は合計31人が候補者も、殿堂入りしたのは4人だけ

 プレーヤー表彰は、現役を引退したプロ野球選手で引退後5年以上経過すると殿堂入りの資格が発生し、その後15年間にわたり選考対象となる。エキスパート表彰は、現役を引退したプロ野球のコーチ、監督で引退後6か月以上経過している人物が対象となる。または現役を引退したプロ野球選手は、引退後21年以上経過するとエキスパート表彰の対象となる。

 昨年11月に、プレーヤー表彰では石井琢朗氏、アレックス・カブレラ氏、金本知憲氏、小久保裕紀氏、城島健司氏、松井秀喜氏の6人が新候補者として追加され、候補者は全17人となった。また、エキスパート表彰では足立光宏氏、加藤秀司氏、柴田勲氏、松岡弘氏の4人が追加され、全14人が候補となっていた。

 以下は今年度の候補者だ。

【平成30年プレーヤー表彰候補者】※は新候補者
立浪和義
高津臣吾
佐藤義則
川相昌弘
野村謙二郎
T.ローズ
桑田真澄
田口壮
佐々岡真司
赤星憲広
斉藤和巳
石井琢朗※
A.カブレラ※
金本知憲※
小久保裕紀※
城島健司※
松井秀喜※

【平成30年エキスパート表彰候補者】
原辰徳
権藤博
R.バース
土橋正幸
田淵幸一
大沢啓二
長池徳士
新井宏昌
中畑清
岡田彰布
足立光宏※
加藤秀司※
柴田勲※
松岡弘※(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)