殿堂入りを果たした原辰徳氏 選手、監督として巨人を支えたリーダー

殿堂入りを果たした原辰徳氏 選手、監督として巨人を支えたリーダー

野球殿堂入り通知式に出席した原氏(左)と金本氏【写真:細野能功】

東海大相模、東海大で圧倒的な成績を残す

 平成30年度エキスパート表彰で野球殿堂入りを果たした原辰徳氏は1958年7月22日、福岡県生まれ。父の原貢氏は、1965年福岡県立三池工業を夏の甲子園で初出場初優勝に導いた名将で、のちに東海大相模高校、東海大学の監督を歴任した。原辰徳氏は「親子鷹」として同じ野球の道を歩むことになる。

 原辰徳の同級生には青島健太、岡部憲章、山崎隆造、宇野勝、弓岡敬二郎、久保寺雄二、高沢秀昭、大石大二郎、高木豊、辻発彦、立花義家、金澤次男、荘勝雄、カルロス・ポンセ、ビル・ガリクソン、田中幸雄(投手)らの野球人がいる。MLBではリッキー・ヘンダーソン、ウェイド・ボッグス、フリオ・フランコ、アラン・トランメル、オーレル・ハーシュハイザーらが、同じ1958年生まれだ。

 父が監督を務める東海大相模高校に進み、1年生から正三塁手として活躍。74年夏、75年春、75年夏、76年夏と、4回甲子園に出場。強打とはつらつとしたプレーで“原辰徳ブーム”を巻き起こす。高知高校のスラッガー杉村繁(のちヤクルト)との名勝負は話題になった。

 東海大学に進学すると、当時首都大学リーグはあまり人気がなかったが、原辰徳ブームで多くのファンが詰めかけた。高校時代からのチームメート津末英明(のち日本ハム、巨人)と中軸を打ち、東海大は原が在学中の8期連続で優勝。MVPにも3回輝き、圧倒的な成績を残した。

4球団が競合し巨人に1位で入団「若大将ブーム」に

 1980年ドラフトでは4球団が競合したが、巨人の藤田元司監督が当たりくじを引き当てて入団。開幕戦では中畑清が三塁を守り、原は二塁を守ったが、すぐに正三塁手となり、1981年は22本塁打67打点、打率.268で新人王を獲得した。巨人でも颯爽としたプレーから“若大将ブーム”が起こる。

 3年目の1983年には103打点で打点王、MVPにも輝く。以後も主軸打者として活躍し、毎年30本塁打90打点前後をマーク。勝負強く、最多勝利打点を2回獲得している。1989年、2期目の藤田監督は岡崎郁を三塁に起用し、原は外野手にコンバートされる。1992年には一塁手、93年には再び三塁手に戻る。選手生活晩年は代打も多かったが勝負強く、たびたび殊勲打を打った。

 1995年を最後に引退。通算成績は1675安打、382本塁打、1093打点、打率.279。長嶋茂雄、王貞治が引退後のチームリーダーとして奮闘した。数字はONに比べてやや物足りないと言われたが、安打数は巨人史上8位、本塁打、打点は4位。ベストナイン5回、ゴールデングラブ2回、オールスターには11回出場した。

 引退後は解説者を経て1999年巨人にコーチとして復帰。2001年には長嶋茂雄の後任として巨人監督に就任し、2002〜3年、2006〜15年の12年間で、監督としては通算947勝712敗56分、勝率.571の成績だった。リーグ優勝7回、日本一3回、Bクラスは1シーズンだけという優秀な成績を残し、監督勝利数は歴代14位だ。

 また2009年の第2回WBCでは侍ジャパン監督としてチームを率い、日本を連覇に導いた。確かなリーダーシップを発揮し、イチローやダルビッシュ有など強烈な個性の選手をまとめ上げた。現役時代の実績に加え、監督として好成績を残したことでも、殿堂入りを果たしたと言えるだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)