投手3人野手4人の7人をどう使う? 5年ぶりV狙う楽天の2018年助っ人陣容

投手3人野手4人の7人をどう使う? 5年ぶりV狙う楽天の2018年助っ人陣容

楽天のウィーラー(左)とハーマン【写真:荒川祐史】

2017年はNPB史上初となる外国人「20本塁打トリオ」が誕生した楽天

 5年ぶりのリーグ優勝を目指しながら、3位に終わった2017年の楽天。夏場まで首位を走りながら、終盤に失速し、西武にもかわされた。それでも、77勝63敗3分の貯金14はまずまずの成績で、Aクラス入りは日本一となった2013年以来のことだった。

 クライマックスシリーズではファーストステージで2位の西武を撃破。駒を進めたファイナルステージではソフトバンクと対戦し、2連勝スタートを切ったが、第3戦から3連敗を喫して敗退。日本シリーズ進出の可能性を膨らませながら、悔しい決着となった。

 2017年の楽天は、助っ人外国人の活躍が、チームを牽引していた。ウィーラー、アマダー、ペゲーロの3選手がいずれも20本塁打を超えNPB史上初となる「外国人20本塁打トリオ」が誕生。ハーマンもセットアッパーとして33ホールドをマークした。ただ、ペゲーロの負傷離脱、ウィーラー、アマダーの調子が落ちるとチーム成績も下降。良くも悪くも外国人に大きく左右されたシーズンだった。

 6年ぶりの優勝を狙う2018年。助っ人勢は、昨季途中に加入したルイス・クルーズは退団したが、ほかの6選手は残留。さらに、ドジャースから昨季3Aで24本塁打を放ったオコエ・ディクソン外野手を補強し、投手3人野手4人の外国人編成となった。この中から梨田昌孝監督は、いかに選手を起用していくのだろうか。ここでは、楽天の2018年の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

2人目の「オコエ」は2017年に3Aで24本塁打を放っている外野手

○新加入

オコエ・ディクソン外野手
2017(ドジャース)7試合、7打数1安打、0本塁打、0打点、打率.143
2017(3A)116試合、403打数99安打、24本塁打、76打点、打率.246
3A通算334試合、1118打数308安打、55本塁打、190打点、打率.275
 2011年にドジャースからドラフト指名されてプロ入りした27歳。2017年にメジャーデビューを果たしたパンチ力のある外野手だ。メジャーでの結果は出ていないものの、2017年に3Aで24本塁打を放っている。2016年にも3Aで打率.328、18本塁打の成績が残っており、楽しみな打者である。

○残留

フランク・ハーマン投手
2017:56試合、3勝1敗、1セーブ、33ホールド、防御率2.72
NPB通算(1年)56試合、3勝1敗、1セーブ、33ホールド、防御率2.72
 ハーバード大学卒のインテリ助っ人右腕。インディアンズ、フィリーズなどを経て2017年に楽天へ。150キロ前後のストレート、2シームなどを駆使し、昨季はセットアッパーとして56試合に投げて33ホールドをマーク。メジャーでも109試合の登板実績があり、2018年も松井裕樹に繋ぐ重要な役割を担うだろう。

ジョシュ・コラレス投手
2017:1試合、0勝0敗、0セーブ、0ホールド、防御率15.00
NPB通算(1年)1試合、0勝0敗、0セーブ、0ホールド、防御率15.00
 2011年のドラフトでマリナーズへ入団するも、2012年で退団。日本の社会人チームである三菱日立パワーシステムズ横浜に入り、2016年はBCリーグの富山サンダーバーズへ。2017年6月に楽天へと入団した。最速158キロを誇るが、初登板初先発となった8月15日の西武戦で3回5安打6四球5失点と大炎上。その後1軍登板はなかったが、2018年も残留することとなった。

宋家豪投手
2017:5試合、0勝0敗、0セーブ、3ホールド、防御率3.86
NPB通算(1年)5試合、0勝0敗、0セーブ、3ホールド、防御率3.86
 2018年、大きな期待をかけられている台湾人右腕。台湾の国立体育学校から、育成選手として2016年から楽天に入団。2017年はチャイニーズタイペイ代表としてWBCに出場し、イースタンリーグでもチームトップの8勝をマーク。7月末に支配下契約を勝ち取ると、シーズン終盤に好投。クライマックスシリーズでも秘密兵器として起用された。重い真っ直ぐは威力十分で、2018年の台頭が期待されている。

ウィーラー&アマダー&ペゲーロの3選手は残留、オコエ・ディクソンを加えて競争に

ゼラス・ウィーラー内野手
2017:142試合、542打数147安打、31本塁打、82打点、打率.271
NPB通算(3年)373試合、1333打数354安打、72本塁打、220打点、打率.266
 ヤンキースから2015年に楽天へ。移籍1年目は91試合で14本塁打、2年目は140試合に出場して27本塁打と成績を伸ばし、昨季はキャリアハイの31本塁打を放ち、アマダー、ペゲーロとともにNPB史上初の「外国人20本塁打トリオ」を形成した。来日4年目を迎える2018年もチームの中核として期待される。

ジャフェット・アマダー内野手
2017:121試合、417打数99安打、23本塁打、65打点、打率.237
NPB通算(2年)160試合、549打数133安打、32本塁打、84打点、打率.242
 来日3年目を迎えるメキシカン。アストロズ傘下、メキシカンリーグのメキシコシティ・レッドデビルズなどでプレーし、2016年から楽天へ。移籍1年目は怪我が相次ぎ39試合の出場に終わったが、9本塁打を放った。2017年はメキシコ代表としてWBCに出場。7月22日のオリックス戦では3打席連続本塁打の離れ業も。穴の多い粗い打者ではあるが、1発は魅力だ。

カルロス・ペゲーロ外野手
2017:120試合、463打数130安打、26本塁打、75打点、打率.281
NPB通算(2年)171試合、646打数181安打、36本塁打、101打点、打率.280
 ドミニカ共和国の生まれで、マリナーズ、ロイヤルズ、レンジャーズ。レッドソックスなどを経て2016年から楽天へ。2017年は開幕から2番に入って、1番の茂木とともに強力打線を形成。負傷での離脱があり、その後調子を落としたが、26本塁打を放った。そのパワーは規格外で、150メートル超の特大弾を何度も放っている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)