ラミレス監督腕の見せ所? NPB記録保持者も加入したDeNAの助っ人陣容

ラミレス監督腕の見せ所? NPB記録保持者も加入したDeNAの助っ人陣容

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

昨季19年ぶり日本シリーズ進出には外国人選手も大きく貢献

 2017年は2年連続3位でAクラスをキープしたDeNA。クライマックスシリーズ(CS)では阪神、広島をいずれも敵地で連破し、19年ぶりとなる日本シリーズ出場を果たした。日本シリーズではソフトバンクに敗れたが、チームの成長を実感できる実り多き1年となった。

 投手では今永昇太や濱口遥大、野手でも宮崎敏郎、桑原将志といった若い面々が台頭し、チームの主力へと成長。山崎康晃や筒香嘉智らとともに、投打に楽しみなチームを作り出している。アレックス・ラミレス監督が就任して3年目となる2018年は、1998年から遠ざかっているリーグ優勝と日本一に大きな可能性を感じさせる年となりそうだ。

 昨季はパットン、ウィーランド、ロペスの3人の助っ人が結果を残し、チームに貢献。シーズン途中に日本ハムから獲得したエスコバーも戦力となり、4人の外国人枠を有効に活用できた。エリアン、クライン、シリアコは成績を残せずに退団となったが、まずまずの助っ人編成だったといえよう。

 2018年シーズンに向けては、かつてソフトバンクで17試合連続ホールドの日本記録を作った右腕バリオス、そして2017年に3Aで14本塁打を放った内野手ソトを獲得。昨季チームを牽引した4選手が、外国人枠争いでは優位に立つと見られるが、投手4人野手2人をラミレス監督はいかに起用するか。ここでは、2018年のDeNAの助っ人陣容をおさらいしてみよう。

元ホークスのバリオスは15年にNPBタイ記録の17戦連続ホールド

○新加入
エディソン・バリオス投手
2017年(BC富山)18試合10勝4敗0セーブ 防御率1.39
NPB通算46試合2勝5敗1セーブ23ホールド 防御率4.43
 ベネズエラ出身の右腕で、2011年途中に関西独立リーグの神戸サンズからソフトバンクへ入団。2012年に育成選手へ降格したが、2013年途中に支配下復帰。育成に再降格して迎えた2015年開幕前に再び支配下契約を勝ち取ると、開幕から17試合連続ホールドのプロ野球タイ記録を樹立した。だが、その後は右肩の不調などもあり、2016年オフに退団。昨季はBCリーグの富山でプレーし、先発として18試合で10勝、防御率1.39の成績を挙げた。

ネフタリ・ソト内野手
2017年(3A)68試合263打数77安打14本塁打38打点 打率.293
MLB通算34試合42打数3安打0本塁打1打点 打率.071
3A通算469試合1798打数487安打48本塁打227打点 打率.271
 プエルトリコ出身の28歳。2007年ドラフト3巡目でレッズに指名され、2013年にメジャーデビュー。2015年にホワイトソックス、2016年にナショナルズに移籍した。昨季は3Aで14本塁打、2Aと合わせて24本塁打を放っている。マイナー通算143本塁打と長打も期待でき、ロペスに有事の際にバックアップとなりそうだ。

○残留
スペンサー・パットン投手
2017年:62試合4勝3敗7セーブ27ホールド 防御率2.70
NPB通算(1年)62試合4勝3敗7セーブ27ホールド 防御率2.70
 レンジャーズ、カブスを経て、昨季DeNA入りした右腕。150キロ超のストレートを武器に、来日1年目の昨季はセットアッパーを務めた。守護神・山崎康晃が不振だった時には代役守護神も任され、62試合に投げて7セーブ27ホールドを記録。チームの日本シリーズ進出に貢献した。今季もセットアッパーとして昨季以上の活躍が期待される。

昨季3本塁打のウィーランドは投打の活躍に期待

ジョー・ウィーランド投手
2017年:21試合10勝2敗0セーブ0ホールド 防御率2.98
NPB通算(1年)10勝2敗0セーブ0ホールド 防御率2.98
 2008年ドラフト4巡目でレンジャーズ入りした右腕。パドレス、ドジャース、マリナーズ、ブレーブスと渡り歩き、昨季からDeNAに加わった。移籍1年目は21試合に投げて10勝2敗と2桁勝利を挙げ、8つの貯金を作った。打席でも3本塁打を放ってチームに貢献。2018年も先発ローテの一角を担う存在となるだろう。

エドウィン・エスコバー投手
2017(DeNAのみ)27試合1勝3敗2セーブ7ホールド 防御率3.44
NPB通算(1年)41試合2勝5敗2セーブ7ホールド 防御率4.31
 ベネズエラ出身の左腕で、ダイヤモンドバックスから昨季日本ハムに加入。だが、外国人枠などのチーム事情もあって、外国人投手では異例と言えるシーズン途中のトレードでDeNAに加わった。移籍後は先発、ロングリリーフと役割を問わずに投げ、終盤にはセットアッパーに。27試合に投げて、チームの日本シリーズ進出に一役買った。

ホセ・ロペス内野手
2017年:142試合569打数171安打30本塁打105打点 打率.301
NPB通算(5年)660試合2372打数669安打129本塁打385打点 打率.282
 2018年で来日6年目となるロペス。ベネズエラ出身でホワイトソックスから2013年に巨人へ加入。2015年からDeNAでプレーしている。昨季は171安打、105打点で最多安打と打点王のタイトルを獲得。打率も.301で来日後のキャリアハイをマークした。2013年から5年連続2桁本塁打など結果を残している優良助っ人で、2018年も主軸として不可欠な存在だ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)