【MLB】「まるで時計のように規則的」史上初、CY賞ビーバーの2年連続となる開幕2戦連続12K

【MLB】「まるで時計のように規則的」史上初、CY賞ビーバーの2年連続となる開幕2戦連続12K

ロイヤルズ戦に先発したインディアンスのシェーン・ビーバー【写真:AP】

■ビーバーが開幕2試合連続で12奪三振をマーク、史上初の記録となった

■インディアンス 4-2 ロイヤルズ(日本時間8日・クリーブランド)

 インディアンスのシェーン・ビーバー投手は7日(日本時間8日)、本拠地のロイヤルズ戦で7回途中3安打2失点と好投。今季初勝利はならなかったものの、1日(同2日)のタイガースとの開幕戦に続いて12三振を奪った。

 ビーバーはサイ・ヤング賞を受賞した昨季もシーズン初登板から6回14奪三振、8回13奪三振を記録。MLBスタッツ公式ツイッターによると、複数シーズンで開幕から2試合連続で12奪三振以上を記録したのはメジャー史上初だという。

 大リーグ公式ツイッターは「2試合連続12奪三振。シェーン・ビーバーは機械的だ」と伝えた。「まるで時計のように規則的」「奪三振をリピート、リピート、リピート」「こいつは悪い奴だ」「サイ・ヤング賞の有力候補が素晴らしいスタートを切ったようだね」「彼を毎日マウンドに立たせて」「計算できる戦力」などとコメントされている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)