カブスのダルビッシュ有、ブレーブス戦は脚の痙攣で61球降板 初勝利ならず

記事まとめ

  • カブスのダルビッシュ有は16日、ブレーブス戦で先発し、4回3安打1失点5奪三振2四球
  • わずか61球で降板し、米メディアは、足の痙攣を感じてマウンドを降りたと伝えている
  • ダルは続投を希望したがマドン監督が降板を決めたと、カブス番を務める記者はレポート

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております