「自分の好きなようにやれよ」―牧田和久の挑戦に光を差した野茂英雄氏の一言

「自分の好きなようにやれよ」―牧田和久の挑戦に光を差した野茂英雄氏の一言

再昇格を果たしたパドレス・牧田和久【写真:Getty Images】

2度目のマイナー落ち「マウンドの上で自分に余裕がないなっていうのはありますね」

 6月中旬。リオ・グランデと呼ばれる川を隔てて、向こう岸はメキシコという国境沿いの街、テキサス州エルパソ。パドレス傘下3Aが本拠を置く地で、牧田和久は少し頭を悩ませていた。自分が選んだ道に対してではない。選んだ道でどう生き抜くか、についてだ。開幕をメジャーで迎えた33歳サブマリン右腕は、6月1日に今季2度目のマイナー降格を味わった。

「やっぱりレベルが高い。日本とは打者のスイングスピードも全然違いますし、選球眼もいい。技術的には日本の方が上だと思うんですけど、パワーだけじゃないんですよ。技術も備わってのパワー。もちろん、日本にも素晴らしい技術、パフォーマンスがありますけど、メジャーっていうのは、さらにその上を行くというか、本当に走攻守揃った選手が多いなって、実際に投げてみて、あらためて感じる部分が多いです」

 特大ホームランが量産されたり、時速100マイル(約161キロ)を越える剛速球が何度も計測されたり、ここ数年は特にパワーが際立つメジャーにあって、牧田のような下手投げでスローボールを操るタイプは珍しい。流行を逆手に取ったスタイルが大きな武器となる可能性は大きく、実際にオープン戦や開幕後も、打ち気を弄ばれるような遅球に戸惑う打者は多かった。だが、平均80マイル(約129キロ)の速球は甘く入れば打ち頃のボールとなり、大量失点を招く。「もう少し真っ直ぐにスピードと切れがないと、こっちでは活躍できないと思います。ただ、今になってそういう技術を身につけるのは難しいところもあると思うので、今持っているものをより良くしていくしかない」と話しながら、表情を引き締めた。

 高校、大学、社会人、日本プロ野球とステップアップするたびに感じたのが「スピードの違い」だった。「スイングのスピードが違う、球のスピードが違う、走るスピードが違う」という中で、スローボールを駆使しながらハードルを飛び越えてきた。「明らかに違う」というメジャーで感じるスピードの差にはどう対応したらいいのか。「いいピッチャーの球筋を見るのか。打者のスイングや仕草を見るのか。まだマウンドの上で自分に余裕がないなっていうのはありますね」と正直な気持ちを明かす。

「好きな野球をできているのが非常に充実というか、自分の人生においてプラス」

「3Aで成績は出して当たり前。打者に『やっぱり打てないや』とか、『こいつからどうやって点を取ればいいんだ?』って思わせるレベルにならないと、上には上がれないと思います。スポーツは結果がすべて。もちろん内容も大事ですけど、最終的には結果がゼロということがすべてだと思う。

 ただ、今は抑えることで精一杯。日本とはキャッチャーの構え方も違うし配球も違う中で、自分がクビを振ってピッチングを組み立てないといけないんですけど、自分自身で精一杯になってしまっていることが多い。投げている中で打者や周りを見る余裕、ドッシリさがないんですよね」

 誰しも初めて足を踏み入れる舞台では、新しい環境に慣れて自分らしさを発揮できるまでに、多少なりとも時間を要する。それは侍ジャパン入りし、WBCという世界の舞台を経験した牧田でも変わらない。ただ、20歳そこそこの若手と違うのは、余裕のない自分を客観的に見つめ、受け入れ、前に進む原動力に変えるだけの懐の深さがあることだろう。

「もちろん、日本にいれば不自由なく、こういう経験もしなかったかもしれない。だけど、世界へ一歩踏み出して、違う世界や文化を学びながら好きな野球をできているのが非常に充実というか、自分の人生においてプラスになっているなと思いますね」

 そう語る顔に浮かぶのは、決して強がる表情ではなく、与えられたチャレンジに意気揚々と立ち向かう前向きな表情だ。

 幸い、3Aエルパソには中日から派遣されている元メジャー投手の大塚晶文コーチがいた。また先日は、日本人投手に向けてメジャーの門戸を大きく開いた野茂英雄氏が巡回コーチとして3Aを訪れた。パドレスで特別補佐を務める野茂氏は、牧田にこんな声を掛けたという。

「野茂さんに『もう少し自分の好きなようにやれよ』って言われました。マウンドに上がっていても、自分で投げたい球を投げろよ。キャッチャー任せじゃなくて、自分で試したいものを試せばいいし、その中で勉強していくのも1つ。本当に自分のやりたいことをやれ。周りに気を遣わないで、やりたいようにやっていけ。そう言っていただいたんです。メジャーで活躍なさった方に、いいアドバイスを的確にいただきましたね」

 シンプルなアドバイスは、悩ませていた牧田の頭に一筋の光を差し込んだようだ。6月24日には再びメジャーに昇格した。必死の中にも自分らしさを忘れずに。チャレンジを乗り越えた先には、また新たな世界が広がって見えるはずだ。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)