楽天、選手&コーチが高校野球県大会開幕戦で始球式へ 現役選手は史上初

楽天、選手&コーチが高校野球県大会開幕戦で始球式へ 現役選手は史上初

楽天・銀次【写真:荒川祐史】

高校野球第100回記念大会、楽天が県大会で異例の試み

 楽天は25日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会の岩手県、宮城県、山形県の各県大会予選の開幕戦で、現役選手、コーチが始球式を務めることになったと発表した。現役のプロ野球選手による高校野球での始球式は初となる。

 各県大会での始球式の概要は以下の通り。

〇岩手県大会
銀次選手(盛岡中央高出身) 7月6日岩手県営野球場
〇山形県大会
栗原健太一軍打撃コーチ(日大山形高出身) 7月12日荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた
〇宮城県大会
今野龍太(岩出山高出身) 7月14日楽天生命パーク宮城

銀次
「100回大会という記念の大会で始球式ができるのは嬉しいし、一生の思い出になります。自分を育ててくれた高校野球に恩返しができる機会を与えていただき光栄です」

今野龍太「このような記念の大会で始球式を務めることができ、大変嬉しく、また光栄に思います。日頃の努力は報われるので、球児の皆さんも最後まで諦めずに頑張ってください」

栗原健太1軍打撃コーチ
「いろいろな方がいる中、大役に選んでいただき、大変嬉しく思います。現役時代に沢山応援していただいたグラウンドで始球式ができることはとても光栄です」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)