巨人、岡本が逆転の12号2ラン 4番として初の2戦連発、3本目のアーチ

巨人、岡本が逆転の12号2ラン 4番として初の2戦連発、3本目のアーチ

ソフトバンク対巨人の試合経過

1点ビハインドの4回にソフトバンク石川から左翼スタンドへ

■ソフトバンク – 巨人(14日・ヤフオクドーム)

 巨人の岡本和真内野手が2試合連発の本塁打を放った。14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。1点ビハインドの4回に、試合をひっくり返す逆転の12号2ランを放った。

 1死から3番の陽岱鋼が四球を選んで出塁すると、4番が一振りで仕留めた。1ボールからの2球目、ソフトバンク先発の石川が投じた135キロのスライダーを捉えると、左翼ポール際スタンドの中段に届く逆転の12号2ランとなった。

 13日の同戦でも一発を放っており、2試合連発。4番としては初の2戦連発、3本目の本塁打となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)