オリックス“東西対決”を制し今季最多の貯金4 西8回2失点で4勝目

オリックス“東西対決”を制し今季最多の貯金4 西8回2失点で4勝目

今季4勝目を挙げたオリックス・西勇輝【画像:(C)PLM】

DeNAの東は6回途中7失点で3敗目

■オリックス 7-3 DeNA(15日・京セラD大阪)

 オリックスは15日、京セラドームで行われたDeNA戦を7-3で勝利した。初回に中島の今季1号などで4点を奪うと、6回には3連続タイムリーで3点を奪いリードを広げた。先発の西は8回8安打2失点で4勝目。DeNAドラフト1位ルーキー東との“東西対決”を制した。

 好調の打線が初回から爆発した。1死から大城が四球で出塁すると、ロメロの右中間を破るタイムリー三塁打で先制。さらに吉田正の犠飛、中島の今季1号ソロ、T-岡田の中前タイムリーで一挙4点を奪った。

 6回は1死満塁から山足のタイムリー内野安打、若月の中前適時打、代打・小田の右前タイムリーと3連続タイムリーで3点を奪いリードを大きく広げた。

 投げては先発の西が8回8安打2失点の好投を見せ4勝目を挙げた。DeNA先発の東は5回1/3、7安打7失点で3敗目を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)