巨人、菅野が今季3度目の完封勝ちで7勝目

巨人、菅野が今季3度目の完封勝ちで7勝目

菅野が無失点の快投、巨人がロッテを下す

4回無死一、二塁のピンチも後続を打ち取り無失点

■巨人 5-0 ロッテ(15日・ZOZOマリン)

 巨人の菅野智之投手が15日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦で9回6安打無失点の快投、今季3度目の完封勝利で7勝目を挙げた。チームは5-0で勝利した。

 初回を3者凡退に打ち取る好スタートを見せた。最大のピンチは4回。荻野、藤岡裕の連打で無死一、三塁のピンチを迎えたが中村を空振り三振、角中を遊飛、清田を141キロのフォークで空振り三振に仕留め無失点で切り抜ける圧巻の投球を見せた。

 その後も危なげない投球を見せ9回のマウンドへ。先頭の荻野を投ゴロ、藤岡裕を遊ゴロ、中村には右前打を浴びたが続く角中を一ゴロに抑え完封勝利を飾った。

 打線は初回に陽岱鋼のタイムリーで先制すると、3回には再び陽岱鋼が右翼席へ2号2ラン、4回は坂本の2点タイムリーが飛び出しリードを広げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)