楽天、ウィーラーが左指骨折で前半戦絶望 15日の阪神戦で痛める

楽天、ウィーラーが左指骨折で前半戦絶望 15日の阪神戦で痛める

楽天のゼラス・ウィーラー【写真:荒川祐史】

仙台市内の病院で検査を受け「左第2指中節骨基部剥離骨折」

■阪神 4-0 楽天(15日・楽天生命パーク)

 楽天は15日の阪神戦(楽天生命パーク)で左手を痛め負傷交代していたゼラス・ウィーラー内野手の診断結果を「左第2指中節骨基部剥離骨折」と発表した。

 ウィーラーは2回2死から四球で出塁し、二盗を試み頭から突っ込んだ際に左手をベースに付き、3回の守備から三好と交代していた。その後、仙台市内の病院で検査を受け「左第2指中節骨基部剥離骨折」と診断された。競技復帰までは約8週間の見込みとなっており、前半戦の復帰は絶望的となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)