DeNA浜口7回2安打無失点の好投も勝敗付かず 両投手無失点で息詰まる投手戦

オリックス・ディクソンも7回無失点と譲らず

■オリックス – DeNA(16日・京セラD大阪)

 DeNAの浜口遥大投手がオリックス・ディクソンと息詰まる投手戦を繰り広げた。16日、京セラドームで行われた同戦で7回2安打7奪三振無失点で降板し勝敗はつかなかった。

 初回先頭の西村にいきなり二塁打を浴びピンチを背負ったが後続を抑え無失点で切り抜けると勢いに乗った。4四死球を出しながらも内角を突く強気の投球で決定打を許さず7回までスコアボードに0を並べた。8回から2番手でパットンがマウンドに上がった。

 相手先発のディクソンも7回無失点と譲らず。0-0のまま両投手が7回を投げ終え降板、見ごたえのある投手戦となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)