西武、森が満塁弾含む2安打5打点で交流戦Vに望み 中日は四球連発、又吉誤算で3連敗

西武、森が満塁弾含む2安打5打点で交流戦Vに望み 中日は四球連発、又吉誤算で3連敗

6回に西武・森友哉が今季2度目の満塁ホームランを放つ【画像:(C)PLM】

森は3回に先制打を放つと、6回には3四球で満塁としてグランドスラム

■西武 9-2 中日(16日・メットライフ)

 西武が、森友哉捕手の5打点の活躍で快勝した。16日、本拠地メットライフドームでの中日戦。3回に先制タイムリーを放った森は6回には今季2本目のグランドスラムを放ち、2安打5打点の大暴れ。チームも大勝し、交流戦最高勝率の可能性を残した。

 3回、中日先発のガルシアの3四球で満塁とすると、森が右前の適時打を放って先制。1点を勝ち越して迎えた6回には浅村が四球、ここで代わった又吉からも山川、外崎が四球を選んで満塁とすると、森が又吉から右翼スタンドへの満塁本塁打を放って試合を決めた。

 中日は投手陣の四球連発と、継投失敗で大敗。リーグ防御率トップだった先発のガルシアが7四球と苦しみ、6安打4失点で降板すると、2番手・又吉は連続四球から満塁弾を食らう最悪の結果に。これで3連敗となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)