DeNA神里が延長11回に決勝タイムリー三塁打 オリ連勝4で止まり4位転落

DeNA神里が延長11回に決勝タイムリー三塁打 オリ連勝4で止まり4位転落

延長11回の末にDeNAが勝利

最後は守護神・山崎が3人で締め延長戦を制す

■DeNA 1-0 オリックス(16日・京セラD大阪)

 DeNAが16日、京セラドームで行われたオリックス戦を1-0で勝利した。0-0の延長11回に神里が右中間へ勝ち越しのタイムリー三塁打を放ち試合を決めた。

 オリックス・ディクソン、DeNA浜口の両先発投手が7回無失点の好投を見せ試合は息詰まる投手戦に。その後も両チーム無得点のまま9回を終え試合は延長戦へ。

 0-0の延長11回。2死二塁から神里がオリックス近藤の145キロ直球を右中間へ弾き返し、決勝のタイムリー三塁打を放った。その裏は守護神・山崎が締め延長戦を制した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)