日本ハム村田は右前腕部の打撲 ヤクルト戦で打球が直撃し降板

日本ハム村田は右前腕部の打撲 ヤクルト戦で打球が直撃し降板

日本ハム・村田透【写真:石川加奈子】

札幌市内の病院で検査を受け、球団が診断結果を発表

■日本ハム 2-1 ヤクルト(16日・札幌ドーム)

 日本ハムは村田透投手が16日、札幌市内の病院でMRI検査など精密検査を受け、右前腕部の打撲と診断されたと発表した。この日のヤクルト戦で先発した村田は、4回に打球が前腕部を直撃。そのままベンチへ下がり、交代していた。

 今後の練習メニュー等は、明日以降の状態を見て判断するという。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)