ホークス中田、通算100勝かけて先発も…「特に意識はしていない」

ホークス中田、通算100勝かけて先発も…「特に意識はしていない」

ソフトバンク・中田賢一【写真:藤浦一都】

相手の広島打線は「バッティング自体がうまい」

 ソフトバンクの中田賢一が、自身のプロ通算100勝目をかけて広島戦に先発する。今季の交流戦ではすでに2勝を挙げるなど好調を維持。ホームのマウンドで節目の白星を狙いに行く。

 中田はここまで4勝2敗。交流戦に入って5月31日の阪神戦、6月10日の古巣・中日戦で連勝している。中日時代から積み上げた白星は99個。節目となるプロ通算100勝目をかけて広島打線に挑む。

 中田は100勝について「特に意識はしてないですよ」と、いつもと変わらぬ準備を整えてマウンドに上がるつもりだ。広島打線に「クリーンアップには一発もあるし、バッティング自体がうまい。2ストライクからも工夫してうまく打ってくるので、しっかりとした意識をもって投げないといけない」と警戒を強める。

「(中日時代に)対戦している打者も多いので、いろいろなボールを使って、しつこく攻めるべきところはしつこくいきたい」と語る右腕。自らの100勝目は、チームの交流戦3度目の同一カード3連勝にも直結する。地元・福岡で記念すべきウイニングボールを手にできるように、中田は初回から全力でセ界の首位に立ち向かう。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)