【MLB】元西武ルブランにファン総立ち、22打者連続アウトで3勝目 監督「並外れてた」

【MLB】元西武ルブランにファン総立ち、22打者連続アウトで3勝目 監督「並外れてた」

8回途中無失点の好投を見せたマリナーズのウェイド・ルブラン【写真:AP】

Rソックス相手に8回途中2安打無失点、平均139キロの速球で抑え込む

 マリナーズは16日(日本時間17日)、本拠地レッドソックス戦に1-0で勝利した。元西武の左腕ウェイド・ルブラン投手が、メジャー屈指の強力打線を相手に8回途中2安打無失点9奪三振と快投し、無傷の3勝目。勝率6割中盤を誇る好調のチーム同士の4連戦は、3試合を終えて2勝1敗とマリナーズが1歩リードした。

 ルブランは立ち上がりから、いずれもメジャー2位の362得点、打率.262、101本塁打を誇るレッドソックス打線を翻弄。80マイル台中盤(85マイル=約137キロ)の速球にカットボール、チェンジアップ、カーブなどを交えて抑え込んでいった。

 初回先頭のベッツに左前打を許すも、ベニンテンディを二ゴロ併殺打に仕留めると、そこから22打者連続アウトという圧巻のピッチング。3回にクルーズのタイムリーで奪った1点を守った。7回2死でヌネスに右前打を浴び、久々の走者を許したところで降板。しかし、2番手コロメがモアランドを三飛に打ち取ると、9回は守護神ディアスが3者連続三振で締め、接戦を制した。

 33歳のルブランは98球を投げてストライクは73球。ストライク率74%というコントロールの良さだった。レッドソックスのナックルボーラー、ライトも7回5安打1失点と好投したが、ルブランが投げ勝った形に。今季は14試合登板(9先発)で防御率2.63と安定感抜群だ。

降板時にはスタンディングオベーション「本当に素晴らしい瞬間だった」

 MLB公式サイトによると、マリナーズのスコット・サービス監督は試合後に「非常に、非常に興味深いマッチアップだった」と“遅球”でゲームを組み立てる投手同士の投げ合いを振り返り、「両者とも並外れていた」と称えたという。記事では、ルブランの速球の平均球速86.5マイル(約139キロ)は今季メジャーで最も遅いということも紹介している。

 降板時には4万4151人の大観衆からスタンディングオベーションを浴びたルブラン。「本当に素晴らしい瞬間だった」「86マイル(約138キロ)を投げる選手がスタンディングオベーションを受けることはあまりない。受けとり、感謝を示したかった」。こう振り返りつつ、「力強い球を投げ、制球できる投手は多い。でも、あれほど速い球を投げて制球できたら試合は退屈になると思う。挑戦的でありたいんだ」とも話したという。

 西武に在籍したのは2015年だけで、わずか8試合登板(全て先発)で2勝5敗、防御率4.23という成績に終わり、9月に契約解除となった左腕。しかし、米復帰後は“超便利屋”として黙々と仕事をこなし、今季2年ぶりに復帰したマリナーズでは5月から先発ローテーションに定着して好投を続けている。2001年以来のプレーオフ進出を目指すチームの中でキーマンの一人となりそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)