日ハム、連勝は4でストップ 栗山監督「しっかり点を取れるように頑張る」

日ハム、連勝は4でストップ 栗山監督「しっかり点を取れるように頑張る」

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

7回に2投手つぎ込む執念の采配も…

■ヤクルト 5-1 日本ハム(17日・札幌ドーム)

 日本ハムは17日、本拠地でのヤクルト戦に1-5で敗れ、連勝は4で止まった。

 1-1で迎えた6回、先発の加藤貴之投手が3安打と犠飛で2点を勝ち越された。「もう目一杯いくだけなので」と栗山英樹監督は2点ビハインドの7回に井口和朋投手と公文克彦投手をつぎ込む執念を見せたが、8回に鍵谷陽平投手が犠打と四球を挟んで3連打されて、手痛い2点を失った。

 打線は毎回の12安打を放ちながら1得点とつながらなかった。6番のアルシア外野手が4打数無安打3三振、1併殺打とブレーキになった。

 指揮官は「ランナーが出ても点が取れないといけないので、何とかしっかり点を取れるように頑張ります」と前を向いた。

 交流戦最後の試合となる18日の広島戦(マツダスタジアム)には、地元の広陵高出身の上原健太投手を今季2度目の先発マウンドに送る。「非常に楽しみにしているので、しっかり投げてくれると思います」と期待した。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)