日ハム快勝、上原が今季初勝利 交流戦は「貯金2」、セ首位の広島は「借金4」

日ハム快勝、上原が今季初勝利 交流戦は「貯金2」、セ首位の広島は「借金4」

日本ハムvs広島の試合結果

上原は5回1失点の好投&プロ初本塁打、広島は福井が2敗目

■日本ハム 6-2 広島(18日・マツダスタジアム)

 日本ハムは18日、敵地・広島戦に6-2で勝利し、交流戦を10勝8敗の「貯金2」で終えた。先発の上原健太投手が5回3安打1失点5奪三振無四球と好投。自らのバットでプロ1号も放ち、今季初勝利を手にした。一方、セ・リーグ首位の広島は7勝11敗の「借金4」で交流戦を終えた。

 日本ハムは初回、無死一塁で大田が先制2ラン。広島先発・福井から幸先よく先制点を奪った。その裏に上原が丸にソロ弾を浴びたものの、3回に中田の犠飛で1点を追加。さらに、4回には先頭・上原が福井のフォークを完璧に捉え、ライトスタンドに運んだ。

 上原は2回から3イニング連続3者凡退。5回は2安打を浴びるも無失点に抑え、勝利投手の権利を持って65球でマウンドを降りた。その後は公文、石川、トンキンとつなぎ、9回は有原が締めて勝利。9回には鶴岡の日ハム復帰後初本塁打も飛び出し、交流戦は2つの勝ち越しで終えた。

 一方、広島は福井が5回4失点で今季2敗目。5連敗も喫するなど交流戦は4つの負け越しとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)