【MLB】ハーパーが自慢の髭をさっぱりと…ファン「ハンサム」「ヤンキースに行く準備」

【MLB】ハーパーが自慢の髭をさっぱりと…ファン「ハンサム」「ヤンキースに行く準備」

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

トレードマークの1つを…MLB公式サイトもツイッターで「ビフォア」と「アフター」を公開

 ナショナルズのブライス・ハーパー外野手がトレードマークの髭をさっぱりと剃り落とし、話題となっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」がツイッターで画像を紹介すると、ファンからは驚きの声が続々。今オフにフリーエージェント(FA)となるスーパースターについては、資金力のある球団による大争奪戦が予想されているが、18日(日本時間19日)はヤンキースとの試合ということもあり……。

 今季はリーグトップの19本塁打を放ちながら、打率2割台前半にとどまっているハーパー。気分転換なのか、それとも、「髭禁止」の超名門球団への“移籍準備”なのか……。髪型とともにトレードマークの1つとなっている髭をさっぱり剃り落とした。

「Cut4」はツイッターで、「ビフォア」と「アフター」の写真を並べて公開。「ブライス・ハーパーの顎髭がなくなった」との文言を添えると、ファンからは驚きに加えて、“推測”の声が集まった。

「(ヤンキースの)ピンストライプを身に付ける準備をしているんだね」

「彼は打率.215だから、何かしらしないといけなかったんだ」

「スランプの時にやることだね」

「(無い方が)断然良い。良い判断」

「それでスランプから抜け出せれるなら、自分としてはOKだけど」

「それでも彼は気難しい(性格の)ままだ」

「顎髭と成績のおかげで4億ドルがごもっともだという主張にはならない」

「なんてことだ、球界にとって悲しい日だ」

「こっちの方が全然良い」

「次の10試合は30打数無安打」

「ようやく彼はヤンキースの一員になれる」

「それが証拠さ。ヤンキースに行く、というね」

「たぶん彼は打ち始める」

「あの態度も無くなったの?」

「彼は実際ハンサムガイだね!」

「彼は自身の巨大なパワーを失った」

 今季は打率が低迷しているものの、オフには史上初となる総額4億ドル(約442億円)規模の超大型契約を手にするとも言われているハーパー。本人はヤンキースファンであることを公言している。果たして、この髭がないスタイルで超名門球団に移籍することになるのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)