阪急OB山田氏が見るオリックスAクラス入りの可能性「チームは変わりつつある」

阪急OB山田氏が見るオリックスAクラス入りの可能性「チームは変わりつつある」

5月27日のオリックス対ロッテ戦のセレモニアルピッチに登場した山田久志氏【写真提供:オリックス・バファローズ】

ここまでは新戦力の田嶋、アルバースが結果を残す

 ドラフト1位ルーキーの田嶋大樹投手や、新外国人のアルバース投手など、新戦力投手の活躍が目立っているオリックス。昨シーズンまで3年連続Bクラスに沈んでいるが、現在パ・リーグ3位とクライマックスシリーズ(CS)圏内を狙える位置につけており、20日の阪神戦に勝てば、交流戦のパ・リーグ最高勝率も決まる。そんなオリックスのチーム状況について、5月27日に行われた阪急ブレーブス復刻イベントに登場した山田久志氏に話を聞いた。

 山田氏は今シーズンのオリックスについて「ピッチャーが揃っているから、Aクラス入りのチャンスがある」と話し、クライマックスシリーズから優勝を狙えるチャンスがあると期待を込める。

「先発投手陣の勝ち星がなかなか付かないところを、新戦力の田嶋、アルバースがカバーしてくれている。金子、西、ディクソン、山岡。彼らが勝ち出せば投手陣は強力でしょう。中継ぎも揃っている。若手の山本は活きがいいし、黒木も頑張っている。リリーフは増井が安定していて、投手陣はしっかりしている。ここは得点力次第だね」

 ドラフト1位ルーキーの左腕、田嶋大樹投手については、社会人のJR東日本時代から注目していたという。

「とにかく投げっぷりがいい。『プロで十分通用するボールだから、あまり考えずに自分のボールを信じて、自信を持って投げ込んでいけ』と話をしました。ボールが速くて力がある。真っ直ぐで三振を取れるピッチャーは少ないけど、左でなおかつ真っ直ぐで三振が取れる。いい選手を獲ったね」

 ここまで24試合に登板し1セーブ、14ホールドを記録している最速154キロの19歳右腕、山本由伸投手に対しても「自信のあるボールをどんどん投げ込めばいい」とメッセージを送る。

「活きが良くて怖いもの知らずだね。でも今はそれでいい。大事な場面を任されて、セットアッパーで使われているから、嬉しくてどんどん投げていると思うけど、やっぱり疲れてくるから。でも、そういう時はベンチが考えてくれるから、今はそれでいいよ。目いっぱい投げ込めばいい。打たれたら考えて工夫していけばいいだけ。田嶋と一緒だね」

打のキーマンに吉田正を指名「そのままチームに影響するような選手」

 その一方で、田嶋のような1年目の選手は、体調面に気を付けなくてはいけないという。

「ルーキーの選手は1年間の戦い方わからない。1年間は長いから疲れがたまるし、怪我が怖い。でも、けがを怖がっていたらプレーできないから。疲れがたまったり、注意力が散漫になった時に怪我をするから、よく食べてよく寝て、疲れをためないことが大事だね」

 そう話す山田氏がチームの課題だと考えている得点力のキーマンには、昨年オフに腰を手術し、今シーズンはここまで全試合に出場している吉田正尚外野手を挙げる。

「彼の好不調がそのままチームに影響するような選手になるだろうね。この2年間はシーズンの半分くらいしか出場していないけど、今年はここにきて調子が上がってきた。こうなってきてくれたら打線に元気が出てくる。手術は怖いから、本来はしたくなかったと思う。本人とも話をしたけど、問題はなさそうですよ。長打力があってホームランを打てるバッターは、T-岡田もいるけど、彼は伸び悩んでいる。少し考えすぎなのかな。彼らしくない成績が続いている。そういう意味では、吉田に1年間戦ってもらわなきゃいけない。本当はDHでやれるような選手層になればいいんだけど、そういうわけにはいかない戦力だからね」

 さらに、リードオフマンに吉田正と2枚看板になるいような選手が出てくれば、打線も厚みが出てくると山田氏は見ている。開幕前に福良淳一監督と話をしたという山田氏は、指揮官が期待を寄せていたのは宗佑磨外野手だったと振り返る。

「1番に起用して育てようとしていたね。故障で戦列を離れているけど、彼が育ったら面白いよ。足も速いし長打もある。ショートから外野手にコンバートされたけど、今年のキャンプでは、監督も決めかねていた。『思い切って外野で競争させたらどうだ』というアドバイスはしましたよ。監督は決断したね。正解だったんじゃないかな。楽しみな選手ですよ」

 足を使えて長打力のある1番バッターが固定され、吉田正やT-岡田、外国人選手のクリーンアップが機能すれば、レギュラーシーズンで優勝を狙えるチームになると山田氏は説明する。

「田嶋、山本のような若い選手が戦力に加わってきてくれたら、チームの士気が上がる。野手にもそういう人が欲しいね。今、チームは変わりつつあると思いますよ」

 1996年以来、12球団で一番優勝から遠ざかっているオリックス。今季はクライマックスシリーズに出場し、優勝争いに食い込むことができるか。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

関連記事(外部サイト)