ソフトバンク川瀬が先制のプロ初タイムリー 「何とか粘って前に飛ばそうと」

ソフトバンク川瀬が先制のプロ初タイムリー 「何とか粘って前に飛ばそうと」

2回、ソフトバンク・川瀬が先制タイムリーを放つ

ヤクルト先発ブキャナンのチェンジアップを捉え右前2点タイムリー

■ヤクルト – ソフトバンク(19日・神宮)

 ソフトバンクの川瀬晃内野手が19日、神宮球場で行われたヤクルト戦でプロ初タイムリーとなる先制の2点適時打を放った。

 0-0で迎えた2回。1死二、三塁のチャンスで打席を迎えるとヤクルト・ブキャナンのチェンジアップを捉え右前へ2点タイムリー。交流戦最終戦で初タイムリーを放った川瀬は「追い込まれていたので、何とか粘って前に飛ばそうと思いました。次も打てるように頑張ります」とコメントした。

 高卒3年目の今季は正遊撃手の今宮のケガなどもあり1軍昇格を果たすと、ここまで7試合に出場し打率.188の成績を残していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)