ロッテ中村が魅せた“スライディンググラブトス” チームの勝利呼び寄せる

ロッテ中村が魅せた“スライディンググラブトス” チームの勝利呼び寄せる

勝利を呼び寄せる美技を見せたロッテ・中村【画像提供:(C)PLM】

スライディングキャッチからグラブトスで併殺奪う

 ロッテの中村奨吾内野手が、勝利を呼び寄せる執念の美技を見せた。19日、甲子園で行われた阪神戦の8回にスライディングキャッチ→グラブトスのファインプレーで猛虎の反撃の目を摘んだ。

 3-1とリードして迎えた8回。無死一塁で阪神・糸井が放った強烈な打球は二塁ベース横へ。これを中村はスライディングキャッチで好捕すると、そのままグラブに収まったボールを二塁ベースに入った藤岡裕へグラブトス。藤岡裕は一塁へ素早く送球し併殺を完成させた。

 中村はこの日、打撃でも初回に先制タイムリーを放つなど4打数2安打1打点の大活躍。好守でチームの勝利に貢献した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)