ソフトバンク、上林の10号2ランで逆転勝ち 交流戦単独トップの7本塁打

ソフトバンク、上林の10号2ランで逆転勝ち 交流戦単独トップの7本塁打

ヤクルトvsソフトバンクの試合結果

上林は交流戦単独トップの7本塁打

■ソフトバンク 5-4 ヤクルト(19日・神宮)

 ソフトバンクは19日、神宮球場で行われたヤクルト戦を5-4で勝利した。1点を追う8回に上林が左翼席へ10号2ランを放ち逆転に成功した。上林は交流戦単独トップの7本塁打。

 先制したのはソフトバンク。2回1死二、三塁から川瀬のプロ初タイムリーとなる2点適時打でリードを奪うと、3回には1死二、三塁から柳田の遊ゴロの間に1点を追加した。

 だが、6回。2番手で登板した寺原が無死一、二塁のピンチを背負うと、青木に中前タイムリー、川端のセカンドフライを川瀬がタイムリーエラー、さらに1死二、三塁からモイネロが畠山に中前2点タイムリーを浴び一挙4失点で逆転を許す。

 それでも8回。2死一塁から上林がヤクルト近藤から左翼席へ10号2ランを放ち逆転に成功。7回から2イニングを無失点で抑えた加治屋が今季2勝目をマークした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)