侍ジャパンU-18代表1次候補30名発表 大阪桐蔭から根尾ら最多6選手選出

侍ジャパンU-18代表1次候補30名発表 大阪桐蔭から根尾ら最多6選手選出

昨年の「第11回 BFA U18アジア野球選手権大会」でも活躍した報徳学園・小園海斗【写真:Getty Images】

監督は元報徳学園監督の裕治氏が務める

 NPBエンタープライズは20日、9月3日から9日までの間、宮崎市で開催される「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」に出場する侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手30名を発表した。

 1次候補には大阪桐蔭から根尾昂、藤原恭大ら最多の6選手が選ばれ、花咲徳栄の野村佑希、報徳学園の小園海斗ら今秋のドラフト候補選手も選出された。

 1次候補選手は、日本高等学校野球連盟(八田英二会長)の技術・振興委員が第90回記念選抜高等学校野球大会ならびに平成30年度春季地区大会などを視察し、選考決定。今後は第100回全国高等学校野球選手権記念大会に出場する選手や春・夏の全国大会に出場していない選手を含めて選考の対象とし、最終的には今夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会期間中に18名を決定する予定となっている。

 監督は元報徳学園監督の永田裕治氏が務める。以下は監督のコメント。

「投打にバランスが取れ、将来性も加味した上で、現時点でベストな選考をしていただきました。短期決戦となる国際試合に臨むうえで重要なポイントは、いかにチームが一つにまとまれるかだと思います。日の丸を背負って戦う以上は、全員がチームの勝利に貢献するという気概を持った選手と共に戦いたいと思っています。今後は、野球の技術もさることながら、チームの勝利に徹することが出来る選手という観点も大事にして最終的には、高校日本代表として相応しい18名の選手ができるように努めたいと思います。今大会は日本での開催ということもあり、周囲の皆様からの期待も感じています。スタッフ・選手全員がチーム・JAPANとして結束し、2大会連続6度目のアジア王者を目指して頑張ります」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)