大田、近藤、中田とハム勢躍動、オリ吉田正も…18年第12週投打5傑【パ編】

大田、近藤、中田とハム勢躍動、オリ吉田正も…18年第12週投打5傑【パ編】

日本ハム・中田翔【写真:西山和明】

オリックスは交流戦勝率2位、パの1位でMVP選出が確定

 第12週は、交流戦、振り替え試合も含めた終了時点での成績とする。今週はパ・リーグが大きく勝ち越した。

 12週目のパ・リーグ。

【パ・リーグNPB第12週(6/11-6/21)】

1オリックス.833(7試合5勝1敗1分)
2日本ハム.714(7試合5勝2敗0分)
2ロッテ.714(7試合5勝2敗0分)
4ソフトバンク.571(7試合4勝3敗0分)
4楽天.571(7試合4勝3敗0分)
6西武.429(7試合3勝4敗0分)

 パ・リーグは今週26勝15敗1分。西武以外の5球団が5割以上。オリックスは交流戦勝率2位でリーグ内勝率トップとなり、交流戦MVPが選出されることになった。

【打者5傑】

○安打
1大田泰示(日)13
2近藤健介(日)12
3秋山翔吾(西)11
3吉田正尚(オ)11
3角中勝也(ロ)11

○本塁打
1デスパイネ(ソ)4
2上林誠知(ソ)3
2外崎修汰(西)3
2アマダー(楽)3
5中田翔(日)2
5ロメロ(オ)2
5大城滉二(オ)2
5森友哉(西)2
5T−岡田(オ)2
5塚田正義(ソ)2

○打点
1中田翔(日)11
2近藤健介(日)10
3デスパイネ(ソ)9
3大田泰示(日)9
5T-岡田(オ)8

○盗塁
1田中和基(楽)4
2中村奨吾(ロ)3
2外崎修汰(西)3
2西川遥輝(日)3
5島内宏明(楽)2
5中島卓也(日)2
5源田壮亮(西)2
5安達了一(オ)2
5金子侑司(西)2

○打率(規定打席以上)
1吉田正尚(オ).478
2大田泰示(日).464
3近藤健介(日).429
4角中勝也(ロ).407
5中田翔(日).400

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1近藤健介(日)9.45
2吉田正尚(オ)9.26
3大田泰示(日)9.21
4中田翔(日)8.20
5浅村栄斗(西)7.37

 日本ハムの大田泰示が13安打、打率.464と活躍。同僚の近藤健介も12安打、打率.429。さらに中田翔は打率.400、2本塁打11打点。オリックスの吉田正尚も好調をキープした。

オリックス救援陣の山本、吉田一がともに4ホールドの活躍

【投手5傑】

○勝利
1石川歩(ロ)2
1古川侑利(楽)2
1勝22人

○セーブ
1増井浩俊(オ)2
1森唯斗(ソ)2
1有原航平(日)2
1内竜也(ロ)2

○ホールド
1山本由伸(オ)4
1吉田一将(オ)4
3トンキン(日)3
3石川直也(日)3
5加治屋蓮(ソ)2
5公文克彦(日)2
5益田直也(ロ)2
5南昌輝(ロ)2
5青山浩二(楽)2
5松永昂大(ロ)2

○奪三振
1古川侑利(楽)14
2西勇輝(オ)12
3則本昂大(楽)11
3千賀滉大(ソ)11
5武田翔太(ソ)9
5岸孝之(楽)9
5バンデンハーク(ソ)9
5田嶋大樹(オ)9
5ディクソン(オ)9

○防御率(規定投球回数以上)
1ボルシンガー(ロ)0.00
1岸孝之(楽)0.00
1ディクソン(オ)0.00
1美馬学(楽)0.00
1マルティネス(日)0.00

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1ボルシンガー(ロ)26.0
2石川歩(ロ)25.8
3岸孝之(楽)23.2
4ディクソン(オ)20.3
4美馬学(楽)20.3
4マルティネス(日)20.3

 リーグ防御率は2.90。ロッテ石川、楽天古川は先発で2勝、ボルシンガーは巨人戦で完封勝利。救援では、オリックスのセットアッパー山本と吉田一が4ホールドと大活躍した。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)