交流戦最高勝率のヤクルト、山田大樹が3回途中6失点KO 移籍後初先発も…

交流戦最高勝率のヤクルト、山田大樹が3回途中6失点KO 移籍後初先発も…

移籍後初先発となったヤクルト・山田大樹、3回途中6失点でKO

昨オフにソフトバンクを戦力構想外となり、トレードでヤクルトへ

■巨人 – ヤクルト(22日・東京ドーム)

 ヤクルトの山田大樹投手が3回途中でノックアウトされた。22日、敵地・東京ドームで行われた巨人戦。昨オフにソフトバンクからヤクルトへとトレードで移籍した左腕が移籍後初先発のマウンドに上がったが、序盤から失点を重ねてマウンドを降りることになった。

 初回先頭の坂本にストレートの四球を与えると、1死二塁となってマギーに中前適時打。先制点を奪われると、岡本に左前安打、2死一、三塁から長野に2点適時二塁打を浴びて、立ち上がりに3点を奪われた。

 さらに3回、先頭のマギーに右中間フェンス直撃の二塁打を許すと、1死から亀井が放った一ゴロを捕球した坂口が足を滑らせて転倒し、内野安打。1死一、三塁となると長野に左中間を破られ2点適時二塁打とされた。さらに2死一、二塁で菅野の遊ゴロを西浦がエラー。6点目を失ったところで、左腕は交代を告げられた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)